製品 > ArcGIS > できること > リアルタイム GIS

リアルタイム GIS

「地図」x「IoT」で実現するリアルタイム GIS

リアルタイム GIS はセンサーやストリーム データをマップ上に可視化し、対話的で迅速な意思決定を促進します。

  • 品質管理やシステム運営において現在の状況の把握を容易にします。
  • 周囲の変化をいち早く捉え、次のアクションまでの時間を軽減します。
  • 動的に変化する移動体、センサーなどのさまざまな資産を監視します。

「所有する資産が地理的に分散している、もしくは移動体である場合、地理データと時系列データを統合し可視化することは大きな利点となる。直観的なデータ解釈が可能になったことで、安全衛生、環境モニタリング、生産設備など時間的制約のある場合に迅速な意思決定が下せるようになった」

– OSIsoft社 セールス、マーケティング担当上席副社長 Martin Otterson氏


リアルタイム GIS を ArcGIS プラットフォームで

リアルタイム GIS を ArcGIS プラットフォームで

リアルタイム GIS を導入すると、ストリーミング データを既存 GIS システムに取り込むことが可能となります。 最新状態のモニタリング、地図やデータの更新、またはメールを利用した通知など、これまでになかった GIS 機能が実現できます。


移動体と状態モニタリング

車や人の位置情報や気象センサーなどのリアルタイム データを ArcGIS for Server に取り込み、地図上で最新の状態を表現できます。状態変化を静的に監視することだけでなく、刻々と移動する監視物を動的に追跡することができます。

移動体と状態モニタリング

フィルタリングも処理機能もリアルタイムで

フィルタリングも処理機能もリアルタイムで

空間条件または属性条件を使用して、特定の事象(イベント)、位置、および操作の閾値を検出し、ユーザーは最も関心のあるイベントに焦点を当てることができます。標準で提供されているフィルタリングと処理機能を使用して、さまざまなストリーミング データにリアルタイムで対応します。


さまざまなアクションとエンタープライズ システムとの連携

位置の変化や特定の条件を検知した場合、複数の意思決定者へのアラートの自動送信や、地図情報の更新、イベント データのアーカイブなどさまざまなアクションを設定することができます。また、他システムとのスムーズな連携により GIS 環境の価値を更に高めます。

さまざまなアクションとエンタープライズ システムとの連携

リアルタイム GIS 導入事例

リアルタイム データを取り込むことで既存システムの業務効率を改善します

Dong Energy 社

Dong Energy 社


風力タービン、風力、風浪を遠隔にかつリアルタイムに監視し把握することで、タービン停止時の影響を最小限にする「いつ」「誰が」「どこで」といったリソース配置の改善につながりました。

TomTom 社

TomTom 社


企業が保有する車両管理システムと連携し、リアルタイム運行状況モニタリングを実現。空間判定による想定外ルート運行の防止機能などにより大幅なコスト削減が実現されました。

storage_Individual_Files

ロッテルダム港湾局


資産管理システムとの連携により統合型 ArcGIS を構築。港湾局における車両やその他の資産をリアルタイムに追跡、モニタリングすることで資産管理と業務効率化が図られています。

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る