製品 > ArcGIS > できること > ビジュアライゼーションと利用

ビジュアライゼーションと利用

現実世界のさまざまな情報を地図上に可視化

データを地図上に表現すると、隠された空間パターンを見つけたり、メッセージを効果的に伝達したりすることができます。ArcGIS の豊かな地図表現力により、見えない情報をわかりやすく可視化した高品質な地図を誰でも簡単に作ることができ、さまざまな環境で利用することができます。


洗練された地図の作成

洗練された地図の作成

短時間で見栄えの良い高品質な地図を作成し、組織に共有することができます。ArcGIS を使用すると、地図を通して伝えたいメッセージを効果的に表現することができ、洗練された地図を印刷物や Web で配布することができます。


誰でも作れるオリジナル地図アプリ

オリジナルの地図アプリを作成する場合、ゼロから作成する必要はありません。シンプルで軽快に動く地図アプリを、コーディングなしで誰でも簡単に作成できます。地図をさまざまな種類のテンプレートにあてはめて、例えば災害の発災前後の航空写真を比較する、といったこともできます。

誰でも作れるオリジナル地図アプリ

多様なデータを組み合わせて新たな知見を得る

多様なデータを組み合わせて新たな知見を得る

Excel やデータベースなどのお持ちのデータと、世界中のデータとを組み合わせて使うことができます。さらに、衛星画像や地形図など、ArcGIS のもつ様々な種類の背景地図とそれらのデータを重ね合わせれば、異なる種類のデータでも、関係性、パターン、傾向を整理し、確認することができます。


データを 3D で表現

データによっては 3D で表現することで、より効果的に事象を伝えることができます。たとえば、ある地域に高層ビルを建設した場合の日影になる範囲の分析などがあげられます。また、現実世界と同じ視点でデータを表現することで、相対的な位置・高さ・奥行きを直感的に理解することができます。ArcGIS では 2D/3D の地図をすぐに切り替えて利用することができます。

データを 3D で表現

地図をいつでも、どこでも、あらゆる環境で

地図をいつでも、どこでも、あらゆる環境で

パソコンや Web ブラウザー、スマートフォンで使えるアプリで必要な時に地図上で情報を確認しましょう。インターネットの接続ができるかそうでないか、セキュアな環境か公共の環境かは関係なく、ArcGIS はあらゆる環境で利用することができます。

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る