製品 > ArcGIS for Personal Use > 購入後の流れ

ArcGIS for Personal Use

購入後の流れ

ArcGIS for Personal Use では、ArcGIS Desktop Advanced ライセンス(ArcGIS Pro、ArcMap) およびエクステンション製品をご利用いただけます。ご利用開始にあたり、以下の手順を行います。

①My Esri に接続

My Esri から ArcGIS Pro または ArcGIS Desktop(AcMap) の製品インストーラーをダウンロードし、また、ArcGIS Desktop(ArcMap) のライセンス認証番号を取得します。初めてMy Esri をご利用される場合、My Esri 利用手順をご覧いただき、My Esri 利用申請を行います。

②My Esri から製品ダウンロード

  1. My Esri 利用手順をご確認いただき、[組織] タブ → [ダウンロード] 上で、主要プロダクトから製品 (ArcGIS Pro、ArcMap) の左側の [ダウンロードの表示] をクリックします。

     

  2. 利用条件への同意にチェックを入れ、インストールプログラムをダウンロードします。
ArcGIS Pro の場合、My Esri 以外に、ArcGIS Online 組織サイトからも製品インストーラーをダウンロードすることができます。詳細はこちらをご確認ください。

③ライセンス付与/認証

ご利用いただく製品(ArcGIS Pro、ArcMap)別に以下の手順を行ってください。

■ArcGIS Pro

ArcGIS Online 組織サイトのサブスクリプションを有効化し、組織サイトを構築します。その上で、ライセンスの設定を行います。
※お客様のライセンスは指定ユーザーライセンスです。ArcGIS Pro Advanced は既に割り当てられておりますが、別途エクステンション製品をご利用する場合、割り当てる必要がございます。

  1. スタートアップガイドの「管理者の操作」ページの手順「サブスクリプションの有効化」をご覧いただき、納品メールに記載の<お客様のサブスクリプションID 有効化ぺージ> のURL をクリックし、ArcGIS Online 組織サイトを構築します。

     

  2. スタートアップガイドの「管理者の操作」ページの手順「ライセンスの割り当てと解除」をご覧いただきながら、 組織サイト上で ArcGIS Pro のエクステンションライセンスの割り当てを行います。

     

     

  3. (任意)ArcGIS リソース集より ArcGIS Pro 向けのアドインツールや GitHub に公開されているEJPyConv ツールをダウンロードします。

■ArcGIS Dekstop(ArcMap)

ArcMap は 10.8.x シリーズが最後のメジャー リリースバージョンであり、2026 年 2 月 28 日にはサポート終了となります。ArcGIS をこれから始められる方には、ArcGIS Pro のご利用をお勧めいたします。

ArcMap のサポートについて

My Esri よりライセンス認証番号を取得し、その認証番号を使用して、PC の [ArcGIS Administrator] 上で、ライセンス認証を行います。

  1. My Esri 利用手順をご確認いただき、[組織] タブ → [ライセンス] をクリックし、左側の [認証] をクリックし、一覧から「ArcGIS for Personal Use」の [詳細] をクリックし、ライセンス認証番号をメモ帳等にコピーしておきます。
  2. PC の管理者権限が付与されている ユーザーで PC の [スタートボタン][ArcGIS] フォルダー → [ArcGIS Administrator] を起動します。

     

  3. 左側の [Desktop] フォルダーを選択し、右側の製品選択から、[Advanced(ArcInfo)(単独使用)] にチェックを入れ、[今すぐ認証] をクリックしウィザードの手順に沿って進みます。

     

  4. ライセンス認証番号を入力の際に、[Advanced(ArcInfo)(単独使用)] の欄に、My Esri で取得しました ArcGIS for Personal Useライセンス認証番号(ESUXXXXXXXXX)を入力し、[次へ] をクリックします。

     

  5. エクステンションライセンスの認証番号は入力せずにライセンスの認証手順に進み、完了します。
    ※ArcGIS for Personal Use ライセンスには、エクステンションライセンスも含まれるため、別途認証する必要はございません。

     

  6. ArcGIS Dekstop(ArcMap) 向けの国内対応パックやアドインツールをインストールします。(任意)

     

注意事項

ライセンスやインストールについて

  • ArcGIS for Personal Use ライセンスはご購入後 1 年間有効なライセンスです。
  • ArcGIS for Personal Use ライセンスでは、ArcGIS Pro は指定ユーザー ライセンス (アカウントでのサイン イン方式)でのご提供となります。単独使用(SU)ライセンスへ移行はできません。
  • ArcGIS for Personal Use ライセンスを引継いで次年度分もご購入いただいた場合、ArcGIS Online のサブスクリプションの有効化の手順は行いません。ArcGIS Pro を継続してご利用される方は、引き続き、前年度と同じ ArcGIS Online のアカウントでサインインし、ご利用ください。
  • 動作環境を満たさないコンピューターにはインストールできません。ダウンロードする前に必ず ArcGIS ProArcMap の動作環境をご確認ください。
  • 管理者権限 (Administrator) を持ち、かつ、半角英数字名のユーザーでログインしてからインストールしてください。
  • ご利用のコンピューターが Windows OS で、ユーザー アカウント制御の設定が [常に通知する] になっている場合、インストールの際に操作の認証確認をするダイアログが表示されることがありますのでご注意ください。ダイアログを表示しないようにするには、[ユーザー アカウント制御の設定] を [通知しない] に設定します。

製品のアンインストールや新しい PC への移行について

  • ArcGIS Pro の場合
    旧 PC にてオフライン設定の解除が済んでいるか確認後、ArcGIS Pro からサイン アウトし、新 PC にてサイン インをしてください。
  • ArcMap の場合
    旧 PC にて「認証解除」をするようにしてください。
    ライセンス認証解除を行わずに ArcMap をアンインストールしますと、ライセンスを消費したままの状態になり、新しいコンピューターでのライセンス認証が出来なくなるためです。
    なお、同じコンピューターに再インストールする場合は、ライセンス認証解除は不要です。
    ※ArcGIS for Personal Use ライセンスのライセンス認証解除は、当該ライセンスの有効期間内 (1 年間) に 2 回まで行うことができます

シェープファイルの文字コードについて

ArcGIS Desktop (ArcMap) 10.2.1 以降で新たに作成、出力されたシェープファイルの属性(.dbf ファイル)のデータは、UTF-8 でエンコードされて保存されます。 Shift_JIS の文字コードでご利用になる場合は、シェープファイル文字コード設定ユーティリティにて、文字コードを変更してください。

  • ArcMap の場合は、国内対応パックのインストール時に、最後にシェープファイル文字コード設定ユーティリティが起動し、UTF-8 から Shift_JIS に文字コードを変更することができます (自動では変更されません)。
  • ArcGIS Pro の場合は、シェープファイル文字コード設定ユーティリティをダウンロードし、現在の文字コード設定を確認の上で、任意の文字コードを設定してください。

シェープファイル文字コード設定ユーティリティの操作手順

  1. [すべてのプログラム] → [ArcGIS] から [シェープファイル文字コード設定ユーティリティ] を起動します。
  2. [対象アプリケーション] のドロップダウン リストからシェープファイルの文字コードを設定する対象アプリケーションを選択します。
  3. [現在の文字コード設定] から現在設定されているシェープファイルの文字コードを確認できます。
  4. 設定する文字コードをラジオボタンから選択し、[適用] ボタンをクリックし、レジストリ設定を変更します。

既存のシェープファイルの文字コードを確認する方法

シェープファイルの文字コードに関する情報は、シェープファイルの dBASE ファイル(.dbf)のヘッダーか、.cpg ファイルに記録されます。Windows 日本語環境の ArcGIS で作成されたシェープファイルの場合、UTF-8 と Shift_JIS では以下のような違いがあります。

  • UTF-8 の場合は、シェープファイル(.shp, .dbf, shx)と同じフォルダに 「.cpg」という拡張子が付いた同名のファイルが作成されます。ファイルはテキスト形式で「UTF-8」という文字列が記載されます。
  • Shift_JIS の場合は、「.cpg」という拡張子が付いたファイルは作成されません。

ArcGIS Online のサービス クレジットについて

  • ArcGIS for Personal Use ライセンスは、デフォルトで、100 サービスクレジットが付属します。
  • ArcGIS Pro では 一部の処理機能において ArcGIS Online のサービス クレジットを消費して実行するものがあります。また、ArcGIS Pro から ArcGIS Online へデータの共有を行った場合、保存するデータ量に応じてサービス クレジットが消費されます。
  • すべてのサービス クレジットを使用した場合、サブスクリプションが制限されたり、残りのサービス クレジットがマイナスになったりする場合がございます。追加のサービス クレジットを購入すると、サブスクリプションを制限されていない状態に戻すことができます。

※インストールに関するお問い合わせ

ArcGIS for Personal Use ライセンスにおけるお問い合わせは、ライセンスおよびインストールに関するお問い合わせのみ可能です。インストールサポート期限は、ライセンスの受領後 90 日間です。

お問い合わせは、出荷時にお送りしている納品メールにご返信ください。

※My Esri からの製品操作に関するお問い合わせは受け付けておりません。予めご了承ください。