事例 > 動画:シンハービール(ブンロート・ブリュワリー社)

事例

動画:シンハービール(ブンロート・ブリュワリー社)

シンハービール(ブンロート・ブリュワリー社)

 

GISを活用した物流面の強化により、顧客満足度の向上を図る

多様な製品をタイ全国へ配送

ブンロート・ブリュワリー社はシンハービールに限らずライフやレオ等他銘柄ビール、コメや海藻製品、水なども販売しており、これらの製品はタイ国内で 300 の販売代理店、1 万 6 千の卸売店、20 万の小売店で取り扱われています。
同社はそのうち小売店、ホテル、レストラン、カフェ、オンラインショップなど、11 万 5 千以上の店へ約 1,800 台のトラックで商品を運んでいます。

直面している課題

このように多種製品を全国内に送るにあたって、どのように新技術を使って時間通りに商品を届け、顧客満足度を上げるかといった課題に直面していました。

具体的には、

これらの問題を解決するために、GIS を導入しました。

4 つの取り組み

店舗情報の収集から配送指示、受取署名や配送状況のモニタリングなど、大きく分けて4段階の取り組みを行っています。

① モバイルアプリを開発し、各店舗の場所を調査。店舗名を収集し各店舗で扱う自社製品を紐づける

② オフィスで計画した配送ルートをトラックのドライバーへ送信し、配送先店舗への順路を指示。さらに車両に搭載したブラックボックスで走行状況も追跡可能

③ 配達員用のモバイルアプリで配送する品物の詳細を確認。クーポンのスキャンや受け渡しのデジタル署名もアプリで可能

④ 指令センターではモニターを見て配送・運行状況を確認し、遅延があれば対処を行う。緊急注文の場合は最も近いトラックを検索。発注した店舗は、トラックが近づくと通知を受け取ることができる


生まれた効果と今後の構想

これらの取り組みにより、ブンロート・ブリュワリー社は最適なルート計画でコストを 10% 減、事故発生件数を1.4%低下させることができました。
そしてさらなる改善のために、今後の展開として下記の取り組みを考えています。

シンハーでは、このように ArcGIS を活用して物流面から顧客満足度を向上させつつ、配送状況の改善によってドライバーの意欲を向上させ、好循環を生み出そうと考えています。

 

関連リンク

関連業種

関連製品

掲載日

  • 2017年9月29日

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る