事例 > 自動検針機器の設置促進

活用法

自動検針機器の設置促進

 

自動検針機器設置状況の把握

Excel ベースの情報管理では、「どのエリア」に自動検針機器が「多い」のか「少ない」のか、「設置促進注力エリア」はどこなのかを適切に把握することができません。顧客情報と地図を活用することにより自動検針機器の状況を適切に素早く把握することができます

設置計画策定

効率的な設置計画を立案するために地図上で任意エリア内の設置状況の把握、あるいは特定エリア内の顧客をフィルタリングをし絞り込むことも可能です。

絞り込むことにより、詳細な設置計画を策定することができ、無理・無駄を無くすことができます。

モバイル活用

自動検針機器設置後、作業員がモバイルで作業ステータス更新をすることにより、リアルタイムに設置作業進捗をモニタリングすることができます。現場と本部で情報共有をすることにより円滑に設置作業を進めることができます。

更なる業務の効率化を目指して

設置作業や保守・メンテナンス時、各作業員の負荷を均等にするために、顧客数(設置作業数)や移動距離などを考慮して、最適なテリトリー分割を実施することができます。テリトリーを最適化することにより、担当者間で設置作業数などの不均等が生じたり、地理的な「飛び地」があり移動が非効率になることを防止することが可能です。

また、ルート解析機能を使用すれば、巡回点検時の最適なルートを策定することも可能です。

ESRIジャパンでは、地図(地理情報)を活用することで、電力事業者様の電力小売り自由化対策をご支援いたします。

 

電力小売り事業社向け2つの『地図活用ハンドブック』配布中!

電力業界での地図活用をご紹介『電力小売り自由化を勝ち抜く ビジネスマップ活用術
すぐに活用できる地図データ活用法『エリアマーケティングを強化する データ活用術
ご希望のお客様は下記ボタンからお申し込みください。

『地図活用ハンドブック』申し込み

本ハンドブックは電力小売り事業社のみ配布させていただいております。
配布をお断りさせていただくことがありますが予めご了承ください。

関連業種

関連製品

掲載種別

  • 活用法

掲載日

  • 2017年7月25日

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る