事例 > 顧客の見える化による適切な営業活動

活用法

顧客の見える化による適切な営業活動

 

地域に根ざしたガス会社を目指すために

顧客と接点を持ち、地域に根ざしたガス会社を目指すためには、自社顧客を見える化し、顧客特性を把握することが重要な手段の 1 つと考えられます。
また、ガス・電力の自由化による競合参入、人口減少・高齢化などによる市場規模の縮小などガス会社様を取り巻く環境も変化しています。

地図で顧客を見える化

自社の顧客情報を地図にプロットし「どこに」、「どれくらい」、「どのような」顧客がいるのかを見える化し、国勢調査などのデータと重ね合わせることにより、「自社顧客」と「地域特性」を把握することができます。
また、ダッシュボードアプリを活用することにより、営業担当者が「訪問予定」や「訪問済み」などの顧客訪問進捗具合やエリア内の顧客獲得状況などをモニタリングすることもできます。

モバイルを活用した営業活動

顧客訪問後のヒアリング情報顧客獲得時のステータス更新などをモバイルから入力し、顧客情報を地図にアップロードしすることができます。
また、担当エリアの地域の気づき(例:マンションや住宅の建設など)を入力すれば、新しい顧客発掘の機会創出やデータからは読み取れない新たな洞察を得ることができます。
顧客と地域の情報を収集することにより、地域力を強化することができます。

更なる営業活動の効率化

顧客訪問後のヒアリング情報顧客獲得時のステータス更新などをモバイルから入力し、顧客情報を地図にアップロードしすることができます。
また、担当エリアの地域の気づき(例:マンションや住宅の建設など)を入力すれば、新しい顧客発掘の機会創出やデータからは読み取れない新たな洞察を得ることができます。
顧客と地域の情報を収集することにより、地域力を強化することができます。

営業テリトリー・管轄エリアの最適化

ESRIジャパンでは、地図(地理情報)を活用することで、ガス事業者様の電力小売り自由化対策をご支援いたします。

電力事業社向け2つの『地図活用ハンドブック』配布中!

電力業界での地図活用をご紹介『電力小売り自由化を勝ち抜く ビジネスマップ活用術

すぐに活用できる地図データ活用法『エリアマーケティングを強化する データ活用術

ご希望のお客様は下記ボタンからお申し込みください。

『地図活用ハンドブック』申し込み

本ハンドブックは電力小売り事業社のみ配布させていただいております。
配布をお断りさせていただくことがありますが予めご了承ください。

関連業種

関連製品

掲載種別

  • 活用法

掲載日

  • 2017年7月25日

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る