事例 > 地図を活用したスマートメーターの管理

活用法

地図を活用したスマートメーターの管理

 

スマートメーターに関連する業務に地図活用を適用

スマートメーターの現状や将来推移の把握、データ通信時の電波強度の視覚化、不具合時の対応などスマートメーターに関連する各種業務に地図を活用することができます。位置情報を含むスマートメーターのデータを活用して様々なアプリケーションを構築することにより、設置計画立案から保守・メンテナンスまで幅広い分野で地図を適用することができます。

 

現状把握と将来推移を地図で視覚化

スマートメーターの設置現状と将来推移を地図活用することにより、直感的にエリアごとのスマートメーターに関する情報を把握することができます。また、設置済み顧客や設置予定顧客を地図にプロット、あるいはプロットしたポイントを丁町目単位やメッシュで集計することもできます。さらに、スマートメーターに付属する自社の属性データや統計情報(人口や世帯数)などを活用すれば、様々な角度でスマートメータを分析・視覚化をすることができます。

electric_smartmeter_1

 

無線ネットワークの電波強度を視覚化

スマートメーターのデータを転送するための無線ネットワークを地図を活用して視覚化することができます。電波強度に応じたポリゴンとスマートメーターのデータを用いて分析することにより、「将来スマートメーターの増加が見込まれるエリアで電波強度が弱いエリア」などというかたちで無線ネットワークの設備増強エリアを抽出することができます。スマートメーター設置予定数に応じた設備増強を策定することにより、最適な設備投資計画とデータ通信の品質向上を実施することができます。

electric_smartmeter_2

 

巡回点検や不具合対応時の効率化

巡回点検や不具合対応などが発生したとき、保守・メンテナンス要員の対応計画に地図が活用できます。例えば、膨大な件数の巡回点検が発生したときのサービス拠点や保守・メンテナンス要員ごとのエリア策定や対応計画立案時の最適なルート分析など、件数・距離・時間など各種指標を考慮し、最適な対応計画を策定することができます。また、コールセンターに展開した場合、オペレーターが地図を見ながらお客様とサポート拠点の位置を確認しながらディスパッチするなど、オペレーション支援にも活用することができます。

electric_smartmeter_3


※ 本ハンドブックは電力小売事業社のみ配布させていただいております。 配布をお断りさせていただくことがありますが予めご了承ください。

関連業種

関連製品

掲載種別

  • 活用法

掲載日

  • 2016年2月22日

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る