事例 > 発電設備適地選定を効率化するために

活用法

発電設備適地選定を効率化するために

 

適地選定を探す時間とコストを削減

適地選定をするうえで、多くの候補地の周辺環境などを出張ベースで現地調査し、絞り込むには時間とコストがかかります。ツールの解析機能で候補地を事前シミュレーションすることで現地調査の時間とコストを削減したり、現地調査結果をWebマップで情報共有することにより、効率的な適地選定を実施することができます。

適地選定のシミュレーション

候補地を探し出すために、土地・道路・送電線・自然保護対象地域などのデータの他に風力発電であれば風況データ、バイオマス発電であれば森林、太陽光発電であれば日射量などのデータと掛け合わせ、解析することにより事前に適地選定シミュレーションをすることができます。ツールを使用し、事前に適地を絞り込むことにより、出張ベースの現地調査の回数を減らすことができ、時間とコストを削減することができます。また、Web上の地図に調査結果をアップロードするれば、プロジェクトメンバーや部門間で効率的な情報共有をすることができます。

electric_potential_1

 

候補地の災害シミュレーション

適地を選定するうえで、その土地が発電設備を建設するのに適しているかどうかの他に災害に強いエリアにあるかどうかを事前にシミュレーションすることができます。地震・津波・浸水深・落雷などの災害や気象のリスクデータを重ね合わせれば、候補地の災害リスクシミュレーションも実施することができ、一歩踏み込んだ適地選定を実施することができます。

electric_potential_2

 

現地調査でモバイル活用

手書きやExcel作成している現地調査内容をWebの地図とモバイルを活用して効率化することができます。モバイル上から現地調査ポイントをプロット、調査項目の入力、周辺環境や調査場所の写真を添付することができます。また社内端末からWebの地図にアクセスすれば調査結果を参照することができるため、現地と社内、あるいはプロジェクトメンバーや部門間で迅速に情報共有することができ、意思決定を支援することができます。

electric_potential_3


※ 本ハンドブックは電力小売事業社のみ配布させていただいております。 配布をお断りさせていただくことがありますが予めご了承ください。

関連業種

関連製品

掲載種別

  • 活用法

掲載日

  • 2016年2月22日

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る