事例 > 保守・保全管理

活用法

保守・保全管理

 

機器の故障に関するリアルタイムのデータをサーバー上で GIS と組み合わせることで、地図上で障害位置を迅速に特定することが可能です。Web アプリケーションで配信することにより保守担当者はウェブブラウザから故障場所を直感的にイメージすることができます。また障害時だけでなく、工事作業の場合も作業位置をウェブブラウザで配信し、進捗状況を社内に伝えることが可能です。

また GIS を使うことで、障害の影響範囲を把握するための下流解析、障害エリアから住所を出力させるための空間検索とアドレスマッチングが可能です。

関連業種

関連製品

掲載種別

  • 活用法

掲載日

  • 2012年10月8日

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る