事例 > 農用地管理

活用法

農用地管理

 

各市町村農業委員会では、農家に向けて、農業施策の効果的な支援を行うことを目的にGISが活用されています。「農地(土地)」、「農家(世帯)」、「就農者(人)」の情報を、GISを使用して、一元的に管理することで、窓口サービスの向上や議案処理事務の効率化など、農家へのサポートを円滑適正に行っています。

農地流動化支援

就農者の高齢化や地域の過疎化により、農業経営を放棄する農家が増える一方、意欲的に経営規模の拡大を望む農家では、農業委員会からの農用地利用集積計画の公告を得ることにより、借地における大規模な農業経営が可能となります。農業委員会では、農地に対する出し手農家と受け手農家を効率的に調整し、所有権の移転や利用権の設定などの措置を講ずることで、安定的な農業経営の育成を進めています。この際、GISは、出し手農家、受け手農家、対象農地などの必要な情報を視覚的に分かりやすく表現することができ、農業委員会における円滑な事務処理を実現します。

関連業種

関連製品

掲載種別

  • 活用法

掲載日

  • 2012年10月4日

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る