事例 > 安全なサプライチェーンにおける地理情報の重要性

活用法

安全なサプライチェーンにおける地理情報の重要性

 

グローバルに展開する製造業においては、ロケーションアナリティクスが消費者の道筋をたどるための鍵となる

過去にとあるイギリスの菓子・飲料メーカーは、イスラム宗教圏であるマレーシア向けキャンディー商品に、豚の DNA を含む材料が含まれていたことが発覚し、ブランド価値にダメージを被りました。豚肉を含む牛肉を 100% ビーフの商品として販売されるなど、原材料詐称などもあるかもしれません。

もし、グローバルスケールにチキンナゲットが梱包工場から食卓に届くまでの、すべての通過点やプロセスを可視化しモニタリングできたらどうだろうか?

イタリアのミネラル炭酸水があなたの喉の渇きを潤すまでに、どのようなプロセスをたどるだろうか。 このようなプロセスの可視化は、決して驚くようなことではありません。何故なら実際に多くの成功している企業で当たり前に行なわれていることなのです。

盲目であることが崩壊に繋がる

335 社の製造業企業を対象とした調査では、約半数のグローバルに展開する製造業の会社が、Tire1 以降の供給元を把握出来ていないと報告をしており、サプライチェーン全域を可視化し把握しているのは、回答企業のうち 9% 程度しかない調査結果があります。

膨大な輸出入のフードサプライチェーンを安定させるためには?

サプライチェーンを通して何が起こっているのか把握をしないということは、非常にリスクがあります。一つ目は安全面における課題がある。2013 年には米国 21 州において 80% の七面鳥の挽肉商品に畜産排泄物に起因する問題が発覚した。サルモネラ菌の発生は今後の継続した課題であり、アメリカ疾病予防管理センターからは 2014 年に鶏肉、ナッツバター、チアシードなどから発生が報告されています。

二つ目は文化と宗教における観点だ。イスラム宗教圏では、ハラルフードしか許されておらず、ユダヤ教においては、ガシェルである必要があります。両宗教とも豚肉の消費は認められておりません。そして、ヒンズー教では、牛肉の消費が認められていません。

ロケーションアナリティクスを活用した対応

地図上でサプライチェーン全体を俯瞰すると、初めから終わりまでのあらゆるプロセスを把握し理解することができる。 たとえば、豚肉が最終的にファストフード店のホットドッグになるまで、カカオ豆が綺麗に金色の包装紙でラッピングされ店頭に並ぶまで、あらゆる工程がサプライチェーンの中に存在しています。

2004年には、カナダのブリテッシュ・コロンビア州で鳥インフルエンザが流行し、5 億ドル以上の被害が生したが、以降、マニトバ州とケベック州においては、家畜や家禽が飼育されている農場などに向けた必須プログラムを施行しました。このプログラムにおいては各施設における従業員、動物、作物、用具などを地図上でモニタリングと通知をする GIS システムを活用しています。施設リソースのトラッキングも行われるので、繰り返し自動的な分析が行われ、改善やメンテナンスに向けた対応方法が導き出されます。これらの分析により出てくる情報は、プロジェクト管理や資産管理のツールに統合され、経営およびメンテナンスにおける支出管理に適用されます。

GIS を使うことで、企業は様々なリソースをトラッキングできるようになり、問題があれば自動的に通知を得る仕組みを構築することができるようになります。過去 30 年間において、GIS とロケーションアナリティクスなどのテクノロジーが世界中の 100 万もの組織において活用されているが、新たなイノベーションが生まれることで、サプライチェーンにも適用され最適化が行われています。

 

関連リンク

関連業種

掲載種別

  • 活用法

掲載日

  • 2017年11月28日

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る