事例 > 太陽光発電施設の適地選定

活用法

太陽光発電施設の適地選定

 

自然エネルギーを活用するために太陽光発電システムの施設の設置に適切な場所を検討する必要がある場合、ArcGIS Desktop の専用解析ツールを使用すれば、適地選定シミュレーションを机上で実施することができます。事前に実施したシミュレーション結果を活用することで、実際に現地に赴いて調査をしながら候補地を選定する業務を効率化することができます。

ArcGIS Spatial Analyst エクステンションで利用できる日射量解析ツールでは、全天日射量を 1 年を通して解析することができます。

また施設建設のための複数条件、たとえば斜面の勾配や、道路からのアクセスのしやすさ、十分な太陽光を確保するための南向きの傾斜方向などの条件を加味した適地選定を実行して、最終的な候補地を絞り込むことができます。

候補地に傾斜角や標高値といった属性を付加して検討することもできます。

また ArcGIS Pro では 3 次元で候補地を可視化し、現在の地形の起伏と重ね合わせることで、地形の状態を把握することができます。さらに ArcGIS 3D Analyst エクステンションの解析ツールを使用して、どの程度の切土と盛土の量が必要になるかを計算することもできます。

関連業種

関連製品

掲載種別

  • 活用法

掲載日

  • 2017年8月31日

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る