事例 > 携帯電話ショップの店舗展開戦略

活用法

携帯電話ショップの店舗展開戦略

 

地域特性と顧客を可視化し、最適な店舗展開

顧客に最適な製品・サービスを提供し、継続的なサービス契約、あるいは新規顧客の獲得をするためには、事業エリアの特性はどのようになっているのか、どのエリアにターゲットとする顧客が多いのかなどを分析し、顧客動向と地域特性に合わせた戦略立案を実施する必要があります。様々な外部データと自社データを組み合わせ地理的な分析をすることにより、潜在需要エリアの抽出・出店やプロモーションエリアの策定など店舗展開業務に必要な情報を地図で可視化することができます。

店舗網最適化の適地選定シミュレーション

複数の候補地点から、周囲の人口などの需要情報や距離関係などをもとに、新規出店する際に最も多くの需要を獲得できる、もしくは最も多くの市場シェアを獲得出来る地点を抽出します。また、競合店や売場面積などの魅力度を付加させることで、より実情を加味したシミュレーションを実施し、戦略的な店舗網を検討します。

候補地の立地分析

注目するエリア周辺の商圏情報や競合店情報などを地図上に表示し、立地状況を俯瞰することが容易にできるようになります。また、それらの情報を商圏レポートとして出力することで、意思決定者への効果的な情報提供を行うことができます。
商圏分析・商圏レポート

需要・売上予測

「近くて魅力度の高い店舗ほど顧客を吸引できる」という仮定のもと、競合店や需要地点の位置関係を加味し、吸引率を算出するハフモデルを活用した地域の需要予測シミュレーションを行うことができます。
また、重回帰分析を利用して、売場面積や商圏人口などの様々な要素から予測モデル式を構築して、店舗売上予測を立てることができます。構築したモデルに必要な項目を、出店候補地に対して抽出し、その情報を基に需要予測を行い、出店を検討する際の材料として活用できます。

効率的な現地調査

店舗の候補地点周辺の調査を行うスタッフは、スマートフォンやタブレットですぐに利用可能なアプリケーションを活用し、店舗候補地の情報や写真をその場で本部に送信することで、リアルタイムに組織で情報を共有することができます。業務効率化を図り、コスト削減とスピードアップに貢献します。
また、グラフとマップが連動したダッシュボード アプリケーションで最新の調査結果を確認できます。本部のスタッフは、現場から送られてくる様々な情報を基に集計したり、収集したエリアの情報を使い、迅速な意思決定が可能となります。さらに散在する調査データの統合管理としても有効活用することができます。

関連業種

関連製品

掲載種別

  • 活用法

掲載日

  • 2017年9月7日

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る