イベント > もっと使おう! ArcGISセミナー 2019 東京会場:11 月 15 日(金)

イベント

もっと使おう! ArcGISセミナー 2019 東京会場:11 月 15 日(金)

 

概要

日 時 2019 年 11 月 15 日(金) 15 時 ~ 18 時(14 時 30 分 受付開始)
テーマ Web GIS
対象者 Web GISを管理されている方、ご利用されている方
会 場 ESRIジャパン 永田町オフィス 5 階セミナールーム
会場へのアクセスはこちら
定 員 50名 (お席に限りがございます。お早めにお申し込みください。)
参加費 無料・事前登録制

 

参加申し込み(無料)

 

プログラム

時間
内容
15 : 00 ~ 15 : 40

ArcGIS ユーザーのためのデータハンドリング ~さまざまなデータ活用の第一歩~

GIS を使い始めるにはデータが必要です。シェープファイル、ジオデータベース、Geojson などすぐに利用できる形式の場合は悩むことはありませんが、世の中にあるデータはそのまま使用できるものばかりではありません。情報が複数のファイルに分かれていたり、ファイル形式の違いなど、ひと手間加えることで有効なデータとして活用できるかもしれません。
本セッションでは、データハンドリングとして、Python も活用したアプローチを中心にご紹介します。

15 : 40 ~ 15 : 55

QA及び休憩

15 : 55 ~ 16 : 35

ありとあらゆるデータを地図に ~情報集約プラットフォームとしてのArcGIS~

世の中にはさまざまな情報が溢れています。一見関連性のないように見えるこれらの情報も、位置情報をインターフェース(キー)として、可視化し、俯瞰的に見ることで新たなパターンや傾向を見出すことができるようになります。
本セッションでは、そんな地図を使った情報集約の第一歩目として、あらゆる方法・形式でネットワーク上を飛び交うデータを GIS データに変換する手段をデモを交えてご紹介します。

16 : 35 ~ 16 : 50

QA及び休憩

16 : 50 ~ 17 : 30

データには可視化を ~さまざまなタイプのデータを Web GIS で可視化する方法~

データを集めたあと、何をするか。多数のレコードを持ったデータ、画像データなど、それらのデータの活用するとき、データそのものだけでは、人が内容を把握するのは困難です。そこで取り組むのが可視化です。Web GIS では、アプリを活用することで、地図、グラフ、アニメーション表現など効果的にデータを可視化する方法がたくさん用意されています。
本セッションでは、Web GIS でどういった可視化ができるのか、一挙に紹介します。

17 : 30 ~ 18 : 00

QA及び個別相談

※適宜、休憩および質疑応答の時間を設けます。

 

参加申し込み(無料)

 

 

もっと使おう! ArcGIS セミナー 2019
東京会場(2019 年 11 月 15 日) お申し込み

Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る