イベント > もっと使おう! ArcGIS セミナー 2017 京都会場

イベント

もっと使おう! ArcGIS セミナー 2017 京都会場

 

概要

日 時 2017 年 11 月 15 日(水)14:00 ~ 17:30 (13:30 受付開始)
会 場 メルパルク京都 6階 会議室6
会場へのアクセスはこちら
定 員 60名 (お席に限りがございます。お早めにお申し込みください。)
参加費 無料・事前登録制

※競合製品、及び類似製品の事業に携わっておられる方の参加はご遠慮下さい。

 

本イベントは終了しました。

 

プログラム

時間
内容
14:00 ~ 15:20

テクニカルセッション

ArcMap ユーザーのための ArcGIS Pro 入門

ArcGIS Desktop アプリケーションの 1 つである ArcGIS Pro を使用すると、直感的な操作で見栄えの良いマップの作成や GIS 処理を実行できます。ArcGIS Pro の基本操作に加え、既存の ArcMap ドキュメントから ArcGIS Pro に移行する際のポイントや、ArcGIS Pro を使用した一連の GIS タスクについてデモンストレーションを交えてご紹介します。

作業の効率化を図ろう!ジオプロセシングツール

現在、ArcGIS には多くのジオプロセシング ツールがあり、同じ処理を繰り返したり、ジオプロセシング ツールを組み合わせたりして複雑な処理を行う場合に、実行を簡略化することができる ModelBuilder があります。本セッションでは業務効率化に役立つ便利なジオプロセシング ツールと ModelBuilder の活用例をデモンストレーションを交えてご紹介します。

15:20 ~ 15:30

休 憩

15:30 ~ 16:20

ArcGIS 新製品情報

ArcGIS は時代とユーザーのニーズを取り入れて常に進化を続けており、新たなアプリ、サービス、コンテンツが続々と登場してきています。本セッションでは、最新の空間分析 Web アプリ「Insights for ArcGIS」や ArcGIS Pro の新バージョン、新しいサービス/コンテンツなどを紹介します。

16:20 ~ 16:50

事例発表

オンライン GIS を活用した歴史学の共同研究

総合地球環境学研究所
近藤 康久 氏

オンライン GIS を用いると、離れたところにいる同僚と空間情報コンテンツを共有して共同で編集することができます。このメリットを活かし、歴史学と地理学の研究者が ArcGIS Online を用いた共同作業を通して、南米アンデス地方のスペイン植民地時代の集落を同定した研究の事例を紹介します。

16:50 ~ 17:30

個別相談会

ESRIジャパン取扱製品およびサービスに関するご相談やご質問について、ESRIジャパン スタッフがその場で承ります。

 

本イベントは終了しました。

Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る