ガス GISソリューション

配送計画

効率的な配送計画を素早く策定するためには、多くの要素を考慮しなければなりません。季節によるガスの使用量、デポステーションの処理能力、一人当たりの配送能力等、ArcGIS は様々な要素が絡む配送計画を効率的に支援します。

概要

効率的な配送ルートの計画支援

トラックの台数、ドライバーの人数、シフトや管轄エリアなど、様々な条件を考慮してルート設定し、複数台における効率的な配送ルートの計画を支援します。

→ 詳細はこちら

配送テリトリーの計画支援

デポステーション位置、配送量や、配達先数、移動時間、距離など、様々な変数を考慮して、一番効率的なテリトリーの計画を支援します。

→ 詳細はこちら

新たな配送拠点の計画支援

配送拠点を新設する場合、顧客数や、周辺のデポステーションのキャパシティを考慮する必要があります。ArcGIS の解析機能で、新規デポステーションの設置計画を効果的に支援します。

→ 詳細はこちら

 

ソリューション

ArcGIS Business Analyst

ArcGIS Business Analyst

配送の効率化を達成するためには、配送状況を表やグラフで確認するだけでは不十分です。地図上に配送ルートや分析結果を重ねることで、サービス品質を向上させるポイントを見つけ出すことができます。ArcGIS Business Analyst は複雑なデータの統合やルート分析、配達エリアの計画など物流業務に必要な業務を円滑に支援します。

ArcGIS Business Analyst の詳細を見る

 

物流活用事例

ArcGIS 活用による配送計画シミュレーション

ArcGIS 活用による配送計画シミュレーション

配送に必要な車両数、ドライバーの労働時間などを考慮した配送計画をスピーディーにシミュレーションできます。ArcGIS による配送計画シミュレーションにより株式会社エバルスでは、配送計画にかかるリソースを大幅に削減することに成功しました。
→ 詳細を見る

「ORION」によるイノベーション

「ORION」によるイノベーション

米国最大手の配送会社である UPS は、「ORION」という独自の配送システムをArcGISを用いて開発しました。UPS では「ORION」により、ドライバーと効率的なルートをリアルタイムに共有し、膨大な量の荷物を捌くことに成功しました。
→ 詳細を見る

地図活用ハンドブックのお申し込みはこちら

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

03-3222-3941

受付時間 9:00 – 17:00
(土日祝日、弊社指定休業日を除く)

ご購入前のデモ希望、価格・見積、活用に関するご相談など

Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る