製品 > ArcGIS Business Analyst Desktop > 製品詳細 > ジオデモグラフィックデータの活用

ArcGIS Business Analyst Desktop

ジオデモグラフィックデータの活用

「自社の業態や商品と相性の良いエリアはどこか?」「顧客の居住エリアに共通する特徴はあるか?」このような問いに答えるには、年齢、家族構成、年収、駅距離などの複数の指標を組み合わせて、都市化度や富裕度などをもとに、エリアの典型的な特徴をパターン分けした「ジオデモグラフィックデータ」を活用します。

ジオデモグラフィックデータの活用


顧客プロファイリング

顧客プロファイリング

ジオデモグラフィックデータに顧客や任意の商圏を重ね、セグメント別に集計し、顧客プロファイルを作成します。このデータをもとに、セグメンテーション分析を行います。

 

ここではジオデモグラフィックデータの活用例として、「Chomonicx 3.0」を使用していますが、他のジオデモグラフィックデータも活用することができます。

 

感度分析・マッピング

感度分析・マッピング

顧客プロファイルや参照プロファイルを用いて店舗や商品・サービス別に反応感度を分析します。
感度分析結果をもとに、優良顧客エリアを把握し、潜在顧客エリアを特定します。さらに、特定した潜在顧客エリアを地図上に表すことで、プロモーション施策を展開することができます。

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

03-3222-3941

受付時間 9:00 – 17:00
(土日祝日、弊社指定休業日を除く)

ご購入前のデモ希望、価格・見積、活用に関するご相談など

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る