製品 > ArcGIS Business Analyst Desktop > 製品詳細 > 売上予測・需要分析

ArcGIS Business Analyst Desktop

売上予測・需要分析

需要分析や売上予測を行うために必要なハフモデルなどの、高度な分析機能が標準で搭載されています。競合度合いなどを分析し、店舗の統廃合計画や地域戦略の策定に活用できます。

ArcGIS Business Analyst


適地選定シミュレーション

適地選定シミュレーション

複数の候補地の中から、既存店・競合店や周辺の世帯数などの需要情報をもとに、もっとも顧客が獲得できそうな地点を導き出します。既存店に対して分析を行えば、統廃合計画の一助となり、新規出店時に活用することで、能動的な出店戦略を可能とします。

 

ハフモデル/アドバンス ハフ モデル

ハフモデル/アドバンス ハフ モデル

「近くて魅力度の高い店舗ほど顧客を吸引できる」という仮定のもと、競合店や需要地点の位置関係を加味した、店舗の需要予測を行います。さらに、複数項目で魅力度を定義し、道路距離を用いて分析する「アドバンス ハフ モデル」も標準搭載されています。

 

重回帰分析

重回帰分析

店舗情報や商圏情報などの多くの要素の中から、需要をもっともよく表す要素の組み合わせを自動的に選択し、重回帰分析で予測モデルを構築できます。構築したモデルを使用することで、出店候補地における需要予測に活用できます。

 

商圏タイプ別分類

商圏タイプ別分類

複数商圏の年代別人口構成や年収推計データなどをもとに、統計的手法で最適なグルーピングを行います。商圏グループごとに品揃えを変更したり、最適な提供サービスを検討するなどに活用できます。

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

03-3222-3941

受付時間 9:00 – 17:00
(土日祝日、弊社指定休業日を除く)

ご購入前のデモ希望、価格・見積、活用に関するご相談など

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る