製品 > ArcGIS Online > クレジット > ジオコーディング

ArcGIS Online

ジオコーディング

ジオコーディングとは、住所などの情報から特定した位置を、マップ上にポイントとして追加する機能のことです。ArcGIS Onlineでは、住所情報から位置情報に変換し、処理結果をポイントとして出力します。1 件の住所につき、0.04 クレジット消費します。

ジオコーディング

利用シナリオ

ある病院は、現在10000件の患者情報を持っている。週に20人の新規患者が訪問していて、週に20件の患者情報が追加されている。 患者情報のうち住所情報をジオコーディングし、どの地域からの訪問が多いのか地図で調べたい。

ジオコーディングする住所件数

既存の住所情報 10,000 件

+ 新規患者の住所情報 20件×52週

ジオコーディングする合計件数

(初年度)10,000 + 20 × 52 = 11,040 件

(次年度)20 × 52 = 1,040 件

消費されるクレジット量(年間)

(初年度) 11,040 × 0.04 = 441.6 クレジット

(次年度) 1,040 × 0.04 = 44.1 クレジット

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る