ニュース > ジカ熱の感染地域の広がりと今後の拡大予測マップ

ニュース

ジカ熱の感染地域の広がりと今後の拡大予測マップ

 

ジカ熱の感染地域の広がりと今後の拡大予測マップ

ジカ熱を引き起こすジカウイルスは、ネッタイシマカによって媒介されます。ジカ熱の感染はこれまでにアフリカ大陸や南アジア地域で流行が確認されていましたが、2015年後半からアメリカ大陸でも感染が確認され、特にブラジルでは最も感染が拡大しています。これを受けて、WHO(世界保健機関)ジカ熱に対して緊急事態を宣言しました。

本マップでは、ジカ熱の感染拡大について以下の3つのカテゴリで紹介しています。
1. ジカ熱の流行拡大 2. NGO団体ダイレクトリリーフによる対応 3. 今後の拡大予測

main1  ※画像をクリックするとマップに飛びます

解説

1. ジカ熱の流行拡大

土地被覆・森林(二酸化炭素吸収源)・生物気候(気候と生物の関係性)・バイオマス
(Healthmap.org が作成した) 流行拡大の変化マップ

2014年3月から今日までの流行拡大の様子を時系列的に見たマップです。再生ボタンを押して、ジカ熱がどのように拡大していったのかをご確認ください。マップの下では、各メディアが配信した関連記事を紹介しています。

・ジカウイルスの特徴とその症状について
・ネッタイシマカが感染源だとする証拠

 

2. NGO団体 ダイレクトリリーフによる対応

ダイレクトリリーフとパートナーネットワークを示したマップ
パートナーネットワークを示したマップ

現在、ジカ熱の流行拡大においてNGO団体ダイレクトリリーフは彼らのパートナーネットワークを通して、蚊帳・鎮痛剤・経口避妊薬・防虫剤などの)支援物資を提供しようとしています。
これまでに、タヒチ島・プエルトリコへ防虫剤・鎮痛剤がパートナーへ届けられました。

 

3. 今後の拡大予測

土地被覆・森林(二酸化炭素吸収源)・生物気候(気候と生物の関係性)・バイオマス
今後のジカ熱感染拡大予測マップ

青色のエリアは、2016年2月3日までにジカウイルスによる感染が確認された国を示しています。
緑色のエリアは、ジカ熱の感染源だと見られているネッタイシマカの予測分布地域を示しています。
よって今後の感染拡大の可能性が高いのは薄い緑色の地域、濃い緑色のエリアは拡大の可能性が低い地域と見て取れることができます。

 

関連リンク(ジカ熱・ジカウイルスについて)

 

関連するマップ

掲載種別

掲載日

  • 2016年2月9日

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る