ニュース > ネパール大地震 地図で見る震源、地形

ニュース

ネパール大地震 地図で見る震源、地形

 

ネパール中部で発生したマグニチュード7.8の大地震

 

2015年4月25日、ネパールでマグニチュード7.8の地震が発生しました。本ストーリー マップでは、4月25日に発生した地震を含む、ネパールで過去に発生した地震の震源地、ネパールの人口分布、雪崩被害のあったエベレストベースキャンプ周辺の地形、災害対応に重要な空港の状況などを取り上げています。

ネパール地震

 ※画像をクリックするとマップに飛びます

解説

本ストーリーマップは、Story Map Side Accordionというテンプレートを使用しています。マップの左側にある数字をクリックすると地図が切り替わります。

 

1. 震源地マップ
赤丸は、ネパール国内と周辺で最近発生した地震の震源地を表したものです。赤丸をクリックすると震源地とマグニチュードを見ることができます。ネパールは地震の多い国であることがわかります。

ネパールの人口

2. ネパールの人口
ネパールの人口は約2,800万人で、その内の約100万人がカトマンズに集中しています。

エベレストでの被害

3. エベレストでの被害

この3Dマップは、エベレスト登山の西側ルートを表しています。地図の下の方にある3種の画像をクリックすると、該当する場所が拡大されます。

 

救助活動

4. 救助活動

基本的な人口統計データは、災害対応に不可欠です。GIS(地理情報システム)のメリットの一つは、道路、空港、医療機関といった情報を地図上に表示し、共有することができることです。ネパールの人口は約2,800万人で、その内の約100万人がカトマンズに集中しています。

その他、米国Esri社はアメリカ地質調査所(United States Geological Survey:USGS)の情報をもとに、ツイッターやYouTubeなどのソーシャルメディアと組み合わせたマップも公開しています。
Earthquake Public Information Map

 

関連リンク

掲載種別

関連業種

  • 情報公開
  • 防災


関連製品

掲載日

  • 2015年4月28日

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る