製品 > スターターパック > 活用事例

スターターパック

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

安全対策に向けた交通事故分析情報の公開と安全教育の地区選定

山形県警察本部

県内の事故情報をArcGISで可視化し、地域の傾向を簡単に把握 ArcGIS プラットフォームの特徴 分析した交通事故情報を一般向けに公開 課題 県内の交通事故の発生状況の把握 交通事故発生状況の一般向け発信 高齢歩行者(詳細はこちら)

基幹系業務システムと ArcGIS 連携による先進的な データ利活用環境を構築

千葉県 浦安市

「経験と勘」から「データ」に基づく行政分析へ ArcGIS プラットフォームの特徴 基幹系業務システムとの連携によるデータ利活用環境を容易に構築 データの収集から共有、可視化、分析に至るさまざまな機能を提供 課題 行政施(詳細はこちら)

EBPM (エビデンス・ベースト・ポリシー・メイキング~証拠に基づく政策立案~) の観点から実現する待機児童対策

日本でも EBPM (Evidence Based Policy Making) という言葉が聞かれるようになりました。その意味ですが、内閣府の言葉をお借りすれば「政策の企画をその場限りのエピソードに頼るのではなく、政策(詳細はこちら)

ArcGIS 活用による配送計画シミュレーションで新設物流センターのリソース配置をスピーディに実現

エバルス

近年、病院、診療所、調剤薬局からの取引需要の増加に伴い、効率的な運送計画の立案や人員確保が急務となっていた株式会社エバルスでは、ArcGIS Network Analyst と SUNMAP for VRP の導入により、迅速に運送計画を立案できるようになった。

時系列表現を使用して人口推移を公開

国勢調査では 5 年に一度、人口や世帯などの統計情報の調査が行われています。自治体では住民サービスとして、この統計情報を住民に伝える場合があります。その際には数値で公開するのが一般的ですが、地図上に可視化することでより分(詳細はこちら)

医療機関へのアクセス性を考慮した病床需給の過不足を推計

千葉大学

千葉大学 医学部附属病院 地域医療連携部 土井助教は高齢者人口の増加を踏まえ、今後の医療政策の基礎資料として必要病床数の将来予測に関する研究を行っている。本研究では各町丁字別の将来人口と患者数を推計し、医療機関へのアクセス性の解析と各病院の過不足病床数の解析を行った。

ArcGIS Onlineで犯罪・交通事故発生情報公開システム「安心・安全マップ」の運用を開始

愛知県警察本部

犯罪・交通事故情報を住民に公開することにより、防犯・交通安全対策に貢献 課題 地域住民への安全対策に向けた情報発信 警察内部で管理するデータの迅速な更新 導入効果 犯罪や交通事故の発生情報が地図上で確認可能に 事件・事故(詳細はこちら)

保健医療GIS

疫学や医療統計学、訪問介護の分野でArcGISによって感染症対策や生活習慣病の予防対策などの様々な分析が行えます。 活用方法 感染症発生分布状況分析 新型インフルエンザなどの感染症発生分布状況を時系列解析し、感染症対策に(詳細はこちら)

特定健康診査の未受診者に対する受診勧奨対策をGISで実現

協会けんぽ 兵庫支部

日本最大の医療保険者である全国健康保険協会は、加入者並びにその扶養者の健康状態を知るために、健診未受診者分布を見える化し、未受診者の密集地域に最適な健診場所を選定したことで受診者数が前年より向上した。

地域医療および救急医療における課題の把握・分析と見える化

和歌山県立医科大学 地域医療支援センター

対象医療圏の救急医療へのアクセシビリティの評価にGISを活用し、地域医療の課題を分かりやすく見える化した。


Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る