製品 > ArcGIS Desktop > 製品詳細 > 処理の自動化

ArcGIS Desktop

処理の自動化

複数のデータ処理やバッチ処理を行う場合は、処理フロー モデルや スクリプト(Python)で実行することもできます。モデルやスクリプトによる処理の自動化によって、作業の生産性が大幅に向上します。

処理フロー モデルの作成

データとツールをドラッグ&ドロップするだけで簡単に処理フロー モデルを作成でき、一度の操作で複数のデータの処理を連続して行えます。また、条件分岐やループ処理などの複雑なデータ処理にも対応しています。作成した処理フロー モデルを保存して共有することもできます。

ドラッグ & ドロップで簡単作成
ドラッグ & ドロップで簡単作成

モデル内のツールを連続して実行
モデル内のツールを連続して実行

 

スクリプトによる処理の自動化

スクリプト(Python など)を使用して、データの一括処理を行うことができます。また、処理フロー モデルをスクリプトにエクスポートすることも可能ですので、プログラム初心者の方でも簡単に作成できます。

Python による自動処理プログラム
Python による自動処理プログラム

 
Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る