事例 > 林業現場におけるリアルタイムな安全管理

活用法

林業現場におけるリアルタイムな安全管理

 

森林・林業界での“あるある”な悩み事をテーマに対して、ArcGIS(※1)でどのように解決できるかを 3 回に分けて紹介します。
最終回となる 3 回目は、森林施業や森林調査を行う林業事業体や都道府県、市町村から聞こえてきたこんなお悩みです。

◆今回のお悩み

「天候の急変が増えている中で、安全対策が現場任せになってしまうのは不安!」

○ 具体的な課題/現状行っている対策と不満


○ ArcGIS 製品の活用による解決策

「ArcGIS Online」および ArcGIS 製品の現地調査アプリ「Survey123 for ArcGIS」、「Collector for ArcGIS」を利用すると、林業の安全対策に関する課題を以下の方法で解決できます。


○ ArcGIS プラットフォーム製品であることの強み

ArcGIS Online は、Suvey123 for ArcGIS や Collector for ArcGIS といった現地調査アプリとリアルタイム連携している他、降水ナウキャストや台風進路情報といった外部配信されているリアルタイム情報も、あたかも自分の PC のフォルダにデータがあるかのように即座にマップに追加できます。

◆今回紹介した製品

Survey123 for ArcGIS

Collector for ArcGIS

Web AppBuilder for ArcGIS

 

※1 ArcGIS は、組織の課題解決における業務の一連のワークフロー(情報の取得、分析、共有、利用)に地理的な視点(マップ)を付加して活用できる「プラットフォーム」です。

関連リンク

関連業種

関連製品

掲載種別

  • 活用法

掲載日

  • 2019年11月20日

Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る