ニュース > 世界の難民キャンプTOP50

ニュース

世界の難民キャンプTOP50

 

人口の多い難民キャンプ地

 

世界で起こっている紛争の爪あとは、多くの難民キャンプとして世界中に点在しています。本ストーリーマップは国連難民高等弁務官事務所(United Nations High Commissioner for Refugees、略称:UNHCR)によって選ばれた世界でも規模の大きい50もの難民キャンプを米国Esri社が地図にまとめました。

人口の多い難民キャンプTOP50

 ※画像をクリックするとマップに飛びます

解説

1~50まで、人口の多い順番に難民キャンプ地を紹介しています。難民キャンプの人口と街の人口がグラフで表示されていますが、ほとんど人口数に差異がないことが分かります。また、難民キャンプに住む人々は主にどこから来たのか? 難民キャンプの規模は世界のどの街と同じくらいなのか?も紹介されています。

人々の思いとは裏腹に、難民キャンプの多くは一時的な住居と言えるものではありません。そして大きな難民キャンプのほとんどがアフリカや南アジアにあります。難民キャンプは合計で190万人もの紛争によって住居を失った人々の故郷なのです。ケニアのダダーブにあるハガデラ、ダガハレ、イフォなどの難民キャンプは何年もの長い間存在しています。このストーリーマップの写真を見てもわかるように、多くの難民の居住地は乾燥しており、農業などに向かない生産性の低い土地です。現地資源が不足しているため、ほとんどの住民は海外援助に頼らなくては生きていけないのです。

 

関連リンク

掲載種別

関連業種

  • 情報公開


関連製品

掲載日

  • 2015年2月2日

Copyright© 2002-2016 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る