電力 GISソリューション

 

電力自由化対策にビジネスマップを活用

地図を活用することにより、いままで得られなかった多面的な分析結果や新たな洞察を得ることができます。電力自由化関連のビジネスでは、発電設備適地選定・スマートメーター管理・エリアマーケティング・営業支援など様々な業務でビジネスマップは活用できます。

概要

地域の潜在需要や顧客動向を可視化

新規顧客の獲得、あるいは既存顧客を守るための企画・施策立案ためには、地図や位置情報を活用することが有効な手段となります。顧客や地域の情報を地図や位置情報を用いて分析・視覚化することにより、地域の潜在需要や顧客動向を可視化し、顧客のニーズに応じた最適なサービスを提供することができます。

→ 詳細はこちら

スマートメーターの管理

位置情報を含むスマートメーターのデータを活用して様々なアプリケーションを構築することにより、設置計画立案から保守・メンテナンスまで幅広い分野で地図を適用することができます。

→ 詳細はこちら

 

地理情報の活用で太陽光発電の電力買取申請業務の大幅短縮を実現

地理情報の活用で太陽光発電の電力買取申請業務の大幅短縮を実現

太陽光発電の電力買取の配電線や変圧器の付加計算などの業務をWebベースのシステムに変更することで大幅に作業時間を短縮。業務プロセスの大幅な効率化を実現。
(詳細を見る)

電力システムの稼働状況・作業員の分布をリアルタイムに見える化を実現

電力システムの稼働状況・作業員の分布をリアルタイムに見える化を実現

約7万顧客に電力を供給する同社は、電力システムの稼働状況、作業員の分布、利用者への影響といった情報を見える化するプロセスを自動化し、役員や管理職が状況を包括的に把握できるシステムを取り入れた。
(詳細を見る)

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

03-3222-3941

受付時間 9:00 – 17:00
(土日祝日、弊社指定休業日を除く)

ご購入前のデモ希望、価格・見積、活用に関するご相談など

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る