上水道・下水道 GISソリューション

持続可能な上下水道インフラを

信頼できる上下水道インフラサービスを提供する鍵は、頼りがいあるひとつのデータの貯蔵庫を持つことです。GISはもはやパイプや施設を配置するだけの単機能ツールではありません。センサーから、水道メーターから、作業員から、さらにもっと多くの情報やデータを「位置情報」という共通項を介して、統合させます。そしてこれらの統合GISデータを使えば、インタラクティブマップを重役会議で共有したり、機能的な地図をフィールド調査端末に簡単に加えることが可能です。

概要

管路の可視化と機能低下エリアの管理

管路の可視化と機能低下エリアの管理

GISを活用し、低評価地区を選出し課題を抱える施設(管路)の可視化によって、公共施設(上水道管路網)の大量経年化時代に対応した保全手法(間接診断)を確立した。

→ 詳細はこちら

管路の現地調査データを元にした更新計画策定

管路の現地調査データを元にした更新計画策定

多くの管路施設が高度経済成長期に整備されたことから、大規模更新の時期を迎えようとしている。また、大規模自然災害の多発も水道事業にとって大きな脅威となっており、老朽管更新や耐震化施策が課題である。GISを活用しデータを可視化することで、日常管理データの有効活用や、管路更新における優先順位決定等の業務に役立てた

→ 詳細はこちら

 

特長

監視する

通常の運用状況をリアルタイムで監視し、必要に応じて、運用プロセスを調整し、住民とのコミュニケーションをはかることができます。日常データを監視し、正確に把握しておくことが、業務管理の向上へと繋がります。

迅速に対応する

制御不可能な事故は予想外の結果をもたらします。対応が必要な場所に効率的に現地調査を配置し、迅速に対応します。

報告書を作成する

自動化レポート機能により、コンプライアンスに関する報告書を簡単に作成することができます。40項目にわたる予め設定済のデータチェック機能をぜひご活用ください。

一元管理による高度な全庁的情報共有の仕組み

一元管理による高度な全庁的情報共有の仕組み

ArcGISをプラットフォームとしたシステム再構築により、各課で整備されたデータの相互流通が実現、地図コンテンツの充実とともに、住民サービス・業務の効率化に寄与。
(詳細を見る)

GISを活用した東京水道の震災情報システム

GISを活用した東京水道の震災情報システム

1,200万人都民へへ安定した給水の確保、震災時に備え万全の対策と訓練で安定給水を目指すため、GISによる迅速な情報収集・共有で、より信頼性の高い水道システムを構築する。
(詳細を見る)

ソリューション

ArcGIS for Desktop

ArcGIS for Desktop

ラインフラ設備の傾向を地図上に可視化することで、上下水道における公共事業を最大限に有効活用することができます。どの管路が頻繁に破損している傾向にあるのか?どこで陥没が起きる可能性があるのか?どのマンホールが点検を必要としているか?ArcGIS内蔵のデータチェック機能を使い、データの完全性を確保します。現地調査スタッフは、スムーズに操作できる手持ち端末から、データの収集、編集、更新ができるようになります。

ArcGIS for Desktop の詳細を見る

ArcGIS Online

ArcGIS Online

ArcGIS Onlineは、組織内の誰がどの情報にアクセスできるかコントロールできるため、全組織が地図を活用する術を提供します。上下水ネットワークをモニターできる組織内のアプリケーションを独自に開発できます。消火栓やマンホールの点検、現地調査などの業務には、コーディングが一切必要のないアプリケーションを利用することも可能です。重役会議やコンプライアンス報告書用の地図を作ることもすべてArcGIS Onlineにお任せください。

ArcGIS Online の詳細を見る

ArcGIS GeoEvent Extension

ArcGIS GeoEvent Extension

ArcGIS GeoEvent Extensionを利用することで現地調査がスムーズに進められます。調査員が目的の地点エリアに到達するとリアルタイムに通知を届けることができます。

ArcGIS GeoEvent Extension の詳細を見る

利用支援プログラム・サービス

自治体GIS利用支援プログラム

自治体様を対象に1年間無償でご利用頂けるプログラムをご用意しております。日頃使い慣れた文書作成や表計算などのソフトウェアと同じように、汎用的にGISを使っていただけるよう、GIS講習会受講ならびにソフトウェア「ArcGIS for Desktop Basic」が利用いただけます。

ArcGIS自治体サイトライセンス

自治体様を対象に、最新バージョンのArcGIS製品(デスクトップ製品、サーバ製品、一部除く)を、一定金額にて使い放題のライセンスをご用意しています。庁内の統合型 GIS における Web 参照ユーザ、業務 GIS における業務アプリケーション GIS ユーザ、汎用 GIS におけるプロフェッショナル GIS ユーザのニーズに対し、 抜群の製品機能と幅広い製品ラインナップでお応えします。

ArcGIS 自治体ソリューション ライセンス

自治体様の個別の業務ソリューションに限定することにより、全てのArcGIS製品を年間固定料金にて利用できる使い放題のライセンスをご用意しています。個別の業務や個別の部署ごとにGIS基盤(プラットフォーム)としてご利用いただけます。コストパフォーマンスに優れたライセンス形態となっており、機動的かつ総合的な行政サービスの向上を図ることが可能となります。

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

03-3222-3941

受付時間 9:00 – 17:00
(土日祝日、弊社指定休業日を除く)

ご購入前のデモ希望、価格・見積、活用に関するご相談など

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る