サービス > ソフトウェア保守サービス > 保守契約体系

サービス

保守契約体系

お客様がお持ちの製品構成によって、保守サービスの契約体系が異なります。

Esri 製品

単独使用ライセンス(シングルユース/SU)

ArcGIS for Desktop( Standard / Basic )SU は保有されている製品の構成によって2種類の保守サービス契約体系がございます。

  • ArcGIS for Desktop Standard / Basic SU エクステンション無 保守
    基本モジュール( ArcGIS for Desktop Standard SU または ArcGIS for Desktop  Basic SU )に付属するエクステンション製品を保有されておらず、基本モジュールのみを保有されている場合に適用されます。
  • ArcGIS for Desktop Standard / Basic SU エクステンション有 保守
    基本モジュール( ArcGIS for Desktop Standard SU または ArcGIS for Desktop  Basic SU )に付属するエクステンション製品を保有されている場合、その種類・数量に関わらず適用されます。エクステンション製品の保守期日は常に基本モジュールに準じます。

同時使用ライセンス(コンカレントユース/CU)

ArcGIS for Desktop( Advanced / Standard / Basic / 各エクステンション)CU の保守契約では、同一組織内(Esri顧客ID/ライセンス顧客ID単位)で同一の保守対象製品を複数ライセンス保有されている場合、保守サービス契約は「プライマリ」、「セカンダリ」に分けて更新・継続となります。

  • プライマリ
     ご利用いただいているライセンスのご導入順に基づき、1本目、11本目、21本目、31本目…(下1桁が1)と10本当たり最低1本は「プライマリ」の保守サービス契約更新費用が適用されます。
  • セカンダリ
    ご利用いただいているライセンスのご導入順に基づき、2~10本目、12~20本目、22~30本目…のライセンスは、「セカンダリ」の保守サービス契約更新費用が適用されます。
Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る