不動産GISソリューション

ロケーションを最大限に活用

成功している殆どの不動産会社は、真の不動産の価値は単に位置情報のみならず、その土地へのあらゆる見識やタイミングも不動産価値を決定する重要な要素です。自分たちの資産がどこにあり、その周辺では何が起こっているかを把握し、その情報や知識をどれだけ最大限に有効活用できているのでしょうか?Esri社のプラットフォームを使うことで、位置情報に関するどの情報が、開発を成功に導く要因かを理解することができます。Esri社のソリューションで、物件に新たな価値を見つけてください。

概要

3D都市化による不動産資産査定

都市部の不動産資産査定に3D都市を活用。空間規制の視覚化に成功しました。現在の建築環境を再現するだけでなく、Esri CityEngineでデジタル化した空間規制とモデル化された街を視覚化し、今後建設可能な最大潜在緻密化オプションを可視化しました。

→ 詳細はこちら

物件のメンテナンス管理と状況把握

現場の保守員とオフィスのオペレーターが顧客データを地図上で閲覧・更新することで顧客サービスの向上します。現場とオフィス間で対応状況を共有し、顧客対応とフィードバックのスピードアップが可能です。

→ 詳細はこちら

 

特長

可視化

ひとつのプラットフォームに情報を一元管理することで、情報の重要度を区別し、優先度をつけることができます。

投資

地図のあるところに投資を。最高の機会を見つけ、賢明な判断によって利益を産みだします。

利益の向上

賃貸事業収入を正確に分析することで、的確に投資ができ、利益を向上させることができます。

チューリッヒ 3Dスマート・ゾーン計画でより良いビジネス開発を可視化

チューリッヒ 3Dスマート・ゾーン計画でより良いビジネス開発を可視化

Esri社のCityEngineを導入すれば、どんな都市デザインソリューションも分析、考察・検討、瞬時のフィードバックが可能になります。スイスの最大都市、チューリッヒのモダンな都市開発の事例を紹介します。
(詳細を見る)

顧客の流れを可視化し店舗スペースの賃料を決定

顧客の流れを可視化し店舗スペースの賃料を決定

ArcGIS Onlineとロケーションアナリティクスを利用して大型ショッピングモール内の人の流れを可視化。店舗スペースを分類し、モール内の賃料を設定することを実現。

(詳細を見る)

導入2年で、$750,000以上の経費削減を実現

米、ウェンディーズ 導入2年で、$750,000以上の経費削減を実現

大手ハンバーガーチェーン店、ウェンディーズは、出店候補地の審査や市場評価プロセスの効率化と強化のため、主に不動産部門で。Business Analyst(BA)を積極的に活用しました。既存システムのリプレイスとして導入された後、BAがもたらした効果、成果について紹介しています。

(詳細を見る)

ソリューション

ビジネス状況の見える化

ArcGIS Online

クラウドベースのプラットフォームの利用で、組織内・外ともに、スムーズに必要な情報を共有することができます。簡単に情報にアクセスし、共有することができ、顧客が興味を引きやすい地図資料を作成することが可能です。

ArcGIS Online の詳細を見る

ビジネス状況の見える化

Esri CityEngine

Esri社のCityEngineでリアルな3D景観を再現します。データは、ArcGIS Onlineでクラウドを経由し簡単に配布できます。オフィスを離れることなく、誰もが3Dで再現された提案物件やその土地を自由に探索できるようになるのです。

Esri CityEngine の詳細を見る

ビジネス状況の見える化

Esri Location Analytics

大手ファーストフード・チェーン店、ウェンディーズ、欧米を中心にヨガウェアを販売するLulumemon、アメリカで展開する大型ペット用品専門店、Petcoに代表されるような企業は、ビジネスのために有利な立地条件に精通しています。人口統計、都会度、顧客のセグメント、そして競合の位置情報まで可能な限りの情報を踏まえたうえで最適立地を選出していくのです。

Esri Location Analytics の詳細を見る

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

03-3222-3941

受付時間 9:00 – 17:00
(土日祝日、弊社指定休業日を除)

ご購入前のデモ希望、価格・見積、活用に関するご相談など

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る