高速道路 GISソリューション

よりスマートで安全なインフラをつくるために

道路・高速道路管理のプロフェッショナルにとって、資産や人材、オフィスや現場を管理するため、費用対効果の高いツールは必要不可欠です。GISを用いることで、より効果的にそして戦略的に道路設備を計画、監視、管理することができます。位置情報データを最大限に活用し、道路におけるキャパシティの向上や、運営改善、そして交通インフラを維持するための戦略的な投資を実現します。ArcGISは個々のシステムを繋ぎ、情報を一元管理することで情報システムの効果を最大化します。

概要

必要最低限以上の成果をもたらすGIS

GISを活用して、これまで各部署でそれぞれ管理されていたデータの一元管理で道路管理業務効率化を実現します。

→ 詳細はこちら

道路の安全性の向上

道路の安全性を向上するにはまずは現状を正確に知ることが重要です。管轄道路で発生する事故地点を統計データを分析し、可視化することで事故発生の傾向を掴むことができ、必要な対策が見えてきます。

→ 詳細はこちら

 

特長

データ統合

道路状態のレポートから、天候条件、交通量、道路設計まですべてのデータを統合するシステムで情報を一元管理します。

分析

交通事故の多発する危険箇所を特定し、地図上に可視化します。安全上、懸念される場所を把握・識別することでドライバーの命をプロアクティブに守ることができます。

管理

道路事故の発生を理解することで高速道路の安全強化につなげます。ArcGISはあらゆる情報に基づいた方策を通し、公共の安全をはかるための道標になります。

カーナビの走行データを分析・可視化することで見えたものとは

カーナビの走行データを分析・可視化することで見えたものとは

大量に集まる自動車の走行データ(フローティングカーデータ)を分析・可視化することで大量のデータに埋もれていた本質を見出します。
(詳細を見る)

GISベースの道路交通騒音予測・評価ソフトウェアを開発

GISベースの道路交通騒音予測・評価ソフトウェアを開発

道路からの騒音の影響を予測・推計・評価するうえでGISの利用が着目されている。本研究開発では、様々な立場の広範な利用者を想定し、データの互換性やプログラム作成の柔軟性に優れたArcGIS9.3を基幹エンジンとして開発を行った。
(詳細を見る)

ソリューション

ArcGIS Geostatistical Analyst

ArcGIS Geostatistical Analyst

これまで気づかなかった道路における洞察やパターンを明らかにすることで、事故データを新しい方法で調査可能にします。Esri社の ArcGIS Geostatistical Analystは、適切な相関関係を導く高度な分析機能によって道路事故に対する理解を一段と向上させます。

ArcGIS Geostatistical Analyst の詳細を見る

ArcGIS Platform

ArcGIS Platform

スタンドアロン型でこれまでそれぞれに孤立していた情報システムをひとつの地理空間情報エンジンとして結合できます。交通量、舗装状態、摩擦レートなどあらゆる情報を地図上に可視化し、自信を持って、これまでになく戦略的な高速道路安全対策プロジェクトを遂行できます。ArcGISは、道路安全管理において業界標準、そして確かな技術を提供します。

ArcGIS Platform の詳細を見る

ArcGIS Online

ArcGIS Online

現場で最新の地図データや設備情報をスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末ですぐに確認することができます。また、モバイル端末で工事現場の進捗状況を更新すると、離れた現場にいる別の担当者に共有できます。

ArcGIS Online の詳細を見る

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

03-3222-3941

受付時間 9:00 – 17:00
(土日祝日、弊社指定休業日を除く)

ご購入前のデモ希望、価格・見積、活用に関するご相談など

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る