ニュース > マップギャラリー2014 第2位 「4d-GIS による都市のマテリアルストック・フローの可視化 」

ニュース

マップギャラリー2014 第2位 「4d-GIS による都市のマテリアルストック・フローの可視化 」

 

第 10 回 GISコミュニティフォーラム(2014 年 5 月 29 日・30 日 東京ミッドタウンにて開催)  では、様々な題材をテーマに作成された 24 作品の展示を行いました。その中から、入賞した 5 作品を毎月紹介しています。

今回は、第2位の作品を紹介します。

第 2 位  「4d-GIS による都市のマテリアルストック・フローの可視化 – 名古屋市におけるケーススタディ – 」

map2015-2nd1500


作成者

名古屋大学大学院 環境学研究科
青柳 淳之介 氏、杉本 賢二 氏、奥岡 桂次郎 氏、谷川 寛樹 氏
 
作品紹介

都市には、コンクリートや鉄、木材をはじめとする様々な資材が蓄積されている。その量や分布を把握することは循環型社会形成のためには重要である。本作品は、ArcGIS 10 を用いて、ゼンリン社の「z-map TOWN II」や「住宅地図」を用いて名古屋市の経年 GIS データベース(4d-GIS)を構築した。建築物一つ一つのポリゴンに様々な属性情報を付加しており、それを利用して詳細なマテルアルストック・フローの量や分布を可視化した。


使用製品

ArcGIS 10


関連リンク

掲載種別

関連業種

  • 教育
  • 大学・短期大学・専門学校


関連製品

掲載日

  • 2014年8月19日

Copyright© 2002-2016 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る