ニュース > Esri CityEngine 2014.1 リリース!

ニュース

Esri CityEngine 2014.1 リリース!

 

CityEngine の最新バージョン 2014.1 を 10 月 27 日に国内リリースしました。

本バージョンでは、リーフ シェープのエクスポートやリレート テーブルの編集など Esri ファイル ジオデータベースのサポートがさらに強化されています。また、CGA にいくつかの新しい関数やオペレーションが追加され、また多くのバグフィックスによりさらに安定したリリースとなっています。

リーフ シェープの出力

従来、Esri ファイル ジオデータベース形式へのエクスポートでは、一つのシェープから生成された建物のような 3D モデルは必ず一つの GIS フィーチャとなりましたが、本バージョンでは、ルールにより生成された個々のパート(リーフ シェープと呼ばれます)を、レポート値を属性に格納した個々の GIS フィーチャとしてエクスポートできるようになりました。たとえば、建物の視覚的影響や日射量に興味がある場合、建物の外壁をメッシュ状に分割したものを CityEngine で作成し、エクスポートして ArcGIS 3D Analyst での解析に使用することが可能です。 この解析の詳細については、ArcGIS Resources ウェブサイトの 3DCity: Analysis ワークフローを参照してください。

リレート テーブルの編集

ジオデータベースからインポートされたリレート テーブルを表示・編集できるように ユーザー インタフェース が改善されました。 リレーションシップ クラスを含むフィーチャクラスをインポートすると、リレートされているテーブルの属性情報を簡単に編集することができます。

その他の機能強化

当リリースには CGA に多くの機能強化を加えています。isClosedSurface や deleteHoles() といった新しい関数またはオペレーションを導入し、Collada や Esri ファイル ジオデータベースのマルチパッチのインポーターでドーナツポリゴンをサポートしました。また、多くの不具合を修正し、さらに安定なリリースとなっています。

Esri CityEngine とは?

Esri CityEngine は大規模な 3D 都市モデルをプロシージャル技術により効率的に作成することのできる 3D モデリング ソフトウェアです。既存の GIS データや CG モデルを基に、ルールにより街並みの 3D モデルを構築します。作成したモデルは、 ArcGIS 3D Analyst に持ち込んで 3D 解析や景観シミュレーションを行ったり、CG ソフトウェアに持ち込んで映像やゲーム、バーチャル リアリティの作成に使用することができます。

製品についての詳細および 30 日トライアル版のダウンロードにつきましては、Esri CityEngine 製品ページ をご覧ください。

掲載種別

関連製品

掲載日

  • 2014年10月27日

Copyright© 2002-2016 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る