製品 > Location Analytics

Location Analytics

Esri Maps for MicroStrategy

リリース

詳細はこちら

Esri Maps for IBM Cognos

リリース

詳細はこちら

Location Analytics ソリューション
導入・活用のご相談

お問い合せはこちら

位置情報が企業・組織に新しい価値をもたらす

位置情報の重要性社会・経済環境や市場環境の変化が激しさを増す現在、ビジネス上の目標を達成するために、氾濫する情報の中から必要な情報を迅速かつ的確に抽出し、事実にもとづく質の高い意思決定と素早いアクションをいかに実行できるかがビジネスを成功に導くカギとなります。では、このカギをどうすれば手に入れることができるでしょうか。その答えは、「どこ?」という、位置情報の活用視点を企業・組織の全体に組み込むことです。

 

Location Analytics ソリューションで位置情報の力を融合

Location Analytics コンセプトLocation Analytics は、BI や CRM、SFA や ERP などの「ビジネスシステム」に GIS※ を融合させ、位置情報の力を最大限活用し、組織内での情報共有や意思決定を強力に支援するソリューションです。

基幹系や情報系の各種ビジネスシステムに位置情報の分析視点を組み込むと、経営層、マネジャー、スタッフなど組織内のあらゆる利用者が、位置的な関係性やパターン、トレンドなど従来では得ることが難しかった知見を、地図という分かりやすいビジュアル表現をとおして獲得することができます。その結果、戦略策定から日々の業務に至るまで、さまざまな意思決定の質を高める効果をもたらします。

※ GIS(Geographic Information System)は、位置に関連づけられたさまざまな情報を、作成、加工、管理、分析、可視化、共有するためのテクノロジーです。

 

Location Analytics
ソリューション導入・活用の
ご相談

お問い合せはこちら

Location Analytics ソリューションがもたらすメリット

深い洞察の獲得


洞察の獲得保有するデータを、位置情報を軸に地図上に分かりやすくビジュアル表現することで、グラフや表のみでは理解が難しい関係性やパターン、トレンドを発見することができます。地図上に個々の点として情報をプロットすることはもちろんのこと、エリア単位での集計や空間関係をもとにした解析を実施し結果を地図上で色分け表示するなど、高度に位置情報を分析・活用することでいっそう深い洞察を獲得する効果をもたらします。

コミュニケーションの円滑化


コミュニケーション円滑化社内外のステークホルダーと認識を合わせ、業務を円滑に進めることに苦労していませんか? 地図という表現は、言葉では説明しにくい事象を分かりやすく表現・伝達する力を持っています。この力を活用すると、さまざまなステークホルダーが関わるビジネスの現場においても、お互いの認識をあわせコミュニケーションを円滑にする効果をもたらします。

迅速・的確な意思決定の実現


迅速・的確な意思決定位置情報を軸に、関連するエリア情報を他の地図から取得することで、意思決定に必要な情報の網羅性を高めることができます。人口・世帯特性、地域のライフスタイル特性、ビジネス情報など、目的に応じた各種データを Location Analytics ソリューションの地図上からタイムリーに取得し、多様な切り口での分析を加えることで、あるエリアに対する洞察や可能性をスピーディーかつ的確に判断でき、アクションに直結する効果をもたらします。

 

位置情報を活用した経営・業務戦略は明確ですか?

Location Analytics ソリューションを有効活用するためには、企業・組織において位置情報を活用した経営・業務戦略と実現ロードマップを明確に定めることが重要です。ESRIジャパンでは、位置情報活用に関するプロフェッショナルが貴社における Location Analytics 活用戦略の策定を最大限ご支援します。まずはお問い合わせください。

プロフェッショナルに相談

 

ソリューション一覧 →    活用シーン →

 
Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る