ビジネスマップ用語集 > 分析手法 > エリアマーケティング

ビジネスマップ用語集

エリアマーケティング

エリアマーケティングとは、企業のマーケティング活動において、全国均一の戦略を行うのではなく、地域(エリア)の特性に応じた戦略を展開することを言います。具体的なエリアマーケティング手法としては、以下のようなものがあります。

商圏分析

国勢調査データなどの統計指標をもとに、店舗や出店候補地周辺の市場ボリュームと地域特性を把握するために行う分析です。詳しくは商圏分析をご覧ください。

商圏分析

出店分析

店舗を出店するにあたって、出店候補地周辺の商圏分析を行うことを言います。通常、複数の候補地点に対して商圏分析を行い、比較を行います。詳しくは出店分析をご覧ください。

出店分析

売上予測・需要予測

店舗出店の可否判断などを行うために、出店候補地で獲得できる売上や需要を予測することをいいます。GIS で活用される代表的な予測手法として、ハフモデル分析や重回帰分析が挙げられます。詳しくは売上予測をご覧ください。

売上予測・需要予測

販売促進分析

店舗の販売促進のために、チラシ配布やポスティングなどの販促活動がよく行われています。GISを用いた販促分析では、優先的にチラシを配布するエリアや配布後の効果測定が効率的に行えます。詳しくは販売促進分析をご覧ください。

販促分析

顧客分析

顧客データをもとに優良顧客の抽出を行うための分析を言います。代表的な分析手法としては、デシル分析や RFM 分析などが挙げられます。GIS を用いた顧客分析では、分析結果に「どこ?」という情報を追加して、優良顧客が潜むエリアを抽出することができます。詳しくは顧客分析をご覧ください。

顧客分析

リテールサポート

取引先店舗ごとに商圏情報を集計し、自社の取引先支援に活用することをいいます。商圏特性に応じて店舗を類型化し、マーチャンダイジングや棚割り提案、サービス提供など、小売業を支援する提案営業に活用します。詳しくはリテールサポートをご覧ください。

リテールサポート

営業テリトリー最適化

フィールドスタッフや営業マンのテリトリーを最適化するための分析を言います。テリトリーをコンパクトにしつつ、営業ノルマの平準化を行います。詳しくは営業テリトリー最適化をご覧ください。

テリトリー最適化

 

エリアマーケティングで分析の幅を拡げるデータ活用

エリアマーケティングを行う上で、夜間人口や昼間人口を把握できる国勢調査データは基礎的なデータです。目的に応じて、さまざまな統計データや推計データを活用することで分析の幅を拡げることができます。

流動人口データ

流動人口データ

国勢調査では追えないリアルな人の動きが分かるデータ

住民基本台帳データ

住民基本台帳データ

毎年最新の人口や世帯数が分かるデータ

推計将来人口データ

推計将来人口データ

今後の人口増減や市場規模の変化が分かる推計データ

商業統計データ

商業統計データ

小売業の事業所数や年間商品販売額などが分かるデータ

経済センサスデータ

経済センサスデータ

業態別事業所数や勤務する従業者数が分かるデータ

交通センサスデータ

交通センサスデータ

主要幹線道路の交通量や交通速度が分かるデータ

推計年収別世帯数データ

推計年収別世帯数データ

エリアの富裕度や世帯年収の傾向が分かる推計データ

推計貯蓄別世帯数データ

推計貯蓄別世帯数データ

貯蓄の地域的な傾向や特長が分かる推計データ

推計消費額データ

推計消費額データ

家計調査をもとに推計した品目ごとの消費額データ

推計要介護認定者数データ

推計要介護認定者数データ

地域ごとの要支援者/介護者数が分かる推計データ

推計傷病別患者数

推計傷病別患者数データ

傷病別、外来・入院別に患者数が分かる推計データ

ジオデモグラフィックデータ

ジオデモグラフィックデータ

ライフスタイルごとにグループ分けしたデータ

 

上記で紹介しているデータ以外にも、競合店などの目標物データや土地・行政界などの多様なデータを取り扱っています。詳しくは GISデータストアをご覧ください。





Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る