ビジネスマップ用語集 > 分析手法 > 重回帰分析

ビジネスマップ用語集

重回帰分析

売場面積や駐車場台数などの店舗情報や商圏内人口や競合店などの商圏情報を構成する多くの要素の中から、需要を最もよく表現する要素の組み合わせを自動的に選択し、複数の要素で回帰式(予測モデル)を作成することを言います。構築したモデルを使用することで、出店候補地における需要予測に活用できます。

bizgis_ols01

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る