ビジネスマップ用語集 > 分析手法 > 顧客分析

ビジネスマップ用語集

顧客分析

顧客データをもとに優良顧客の抽出を行うための分析を言います。代表的な分析手法としては、デシル分析や RFM 分析などが挙げられます。エリアマーケティングにおける顧客分析では、上記分析結果を可視化することに加えて、顧客データの位置情報を活用して、潜在的に優良顧客が多く潜むエリアを抽出することができます。

例)顧客情報の可視化から優良顧客を把握

住所情報などをもとにマップ上に可視化することで、顧客の分布傾向や来店傾向を一目で把握することができます。属性情報をもとに優良顧客や休眠顧客、利用店舗やその店舗への来店回数などを可視化することで、顧客とエリアの関係性を把握し、店舗展開やマーケティングなど、さまざまな業務へ活用します。

顧客分析・RFM分析

例)ジオデモグラフィックデータを用いた顧客分析

国勢調査データ年収推計データ、駅からの距離などの複数の要素をもとにクラスタリングしたデータをジオデモグラフィックデータといい、全国の町丁・字等が特徴別にグルーピングされたデータです。自社の顧客データと各グループを位置情報をもとに紐づけることで、「どのグループで自社製品が売れやすいのか?」などの分析を行うことができます。

bizgis_custanalysis01

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る