トレーニング > 価格・コース一覧 > サーバ GIS コース > ArcGIS Server Web サービス入門

トレーニング

ArcGIS Server Web サービス入門

エンタープライズ環境に ArcGIS Server を導入し、GIS コンテンツを共有するためのベスト プラクティスを習得します。トレーニング コースを通して ArcGIS Server のアーキテクチャを学び、ArcGIS Server サイトを構成する方法や GIS サービス、アプリケーション、データ、あるいはユーザーを管理するための推奨される手順を身につけられます。

  • コース番号:ET04
  • 形式:講義 + 演習
  • 開催形態:定期 東京 オンサイト
  • 期間:2日間 / 時間:10:00~17:30
  • 定員:10名
  • 使用製品:ArcGIS Enterprise、ArcGIS Desktop Standard (ArcMap)

対象者情報

対象者

  • ArcGIS Server をこれから導入する組織の管理者となる方
  • バージョン 10.0 以前の ArcGIS Server を、最新のバージョンにリプレースされる方
  • オンプレミス環境の GIS サービスを利用した、Web アプリケーションの開発者となる方

前提知識

  • ArcGIS Desktop の基礎的な操作方法と概念を理解している(フィーチャやレイヤーといった言葉を知っており、扱ったことがある)
  • Web サーバーや Web サービスについて、運用経験までは無くとも、どのようなものか知っている

内容

  • ArcGIS Server 導入のオプションを理解する
  • ArcGIS Server インストールの流れとサイトの設定について学習する
  • GIS サービスにおける、データの参照方法を学習する
  • Web Adaptor を使って既存の Web サーバーと統合する
  • マップ サービスやフィーチャ サービス、ジオプロセシング サービスを公開・利用する
  • 地図描画パフォーマンスを向上させるキャッシュについて理解する
  • サービスやサイトのセキュリティを確保する方法を学習する
  • ArcGIS Server サイトのバックアップと復旧を行う

コーステキスト

05_training-WebService

関連コース

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る