FAQ

質問

バージョン 4.x で Promise を使用したときに、コンソールにエラー メッセージが表示されません

回答

Promise を返すメソッドやクラスを操作する際に、catch() メソッドを使用してエラー メッセージを取得しコンソールに記録することができます。ただし、アプリでこれらのエラーを自動的に記録する場合は、API を読み込む前に、アプリ上部の  script タグに次のコードを記述します。

———————————-

var dojoConfig = {  
  has: {    // 1: デバッグ サポートを有効にします
    "config-deferredInstrumentation": 1  
  }  
}

———————————-

有効にした場合、パフォーマンスに影響が出ることを注意してください。そのため、本番環境のアプリではなく開発サイクルでのみ使用することを検討してください。また、esri-native-promise を true に設定した場合は適用されません。

関連製品

Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る