製品 > ArcGIS Spatial Analyst > 活用事例

ArcGIS Spatial Analyst

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

三次元すべり危険斜面を抽出する方法の開発と適用

西日本工業大学

GIS の優れた空間情報の管理・解析機能をもって、広域における三次元すべり危険斜面の抽出を目指す! 土砂災害が多数発生し、安全の確保や経済的損失が大きな社会問題となっているわが国において、GISを用いた精度と信頼性の高い(詳細はこちら)

GISによる地域犯罪の分析と提供

京都府警察

安心、安全な地域づくりへ・・・警察はどのようにGIS を活用しているのか 京都府警察では、効果的な犯罪抑止施策の充実と強化を目的として犯罪情勢分析システムへのGIS導入を決定した 京都府と京都府警察 京都府は人口約260(詳細はこちら)

地理的犯罪分析の風景

GISを用いた地理的犯罪分析

科学警察研究所

GISにより犯罪多発地区を特定し、人々の暮らしの「安心・安全」を守る! 犯罪は、日々刻々とどこかで発生している。犯罪の情勢を科学的に分析し、減少させていくことは警察に科せられた使命である。GISによる犯罪分析で、「問題志(詳細はこちら)

付加価値の高い漁場推定・予測情報をリアルタイムに配信

北海道大学大学院水産科学研究院

これからの沖合漁業のためのWebGISによる沖合漁業活動支援システムの開発 限りある漁業資源の安定供給と持続的利用のため、リモートセンシング技術とGISを有効活用した沖合漁業を実現するための研究開発がスタートした。 新し(詳細はこちら)

地球に優しい再生可能エネルギーの普及のために

日本大学生産工学部

風力発電の設置地点・発電量予測シミュレーションにGISを活用。 地球温暖化を抑制するための新しいエネルギー源として風力発電への期待が高まっている。風車設置地点、発電量予測シミュレーションにGISを活用している。 日本大学(詳細はこちら)

広島原爆デジタルアトラス

中国書店

広島原爆、事実の記録 散在する情報をGISデータベースで統合化。広島市における原爆被害を、データから客観的に解明する。 広島原爆デジタルアトラス 広島原爆デジタルアトラスは、2001年8月に発刊された研究叢書である。GI(詳細はこちら)

リスク・コミュニケーション支援システム

慶応義塾大学SFC研究所 Geo-informatics ラボ

WebGIS と連携した電子会議室で、市民や専門家がリスクについて議論する 地図やGISはリスク認知を向上させるか-市民から専門家まで、多様なステークホルダーが対象リスクへの理解を深め、自分の意見をもち、伝え、相互に理解(詳細はこちら)

1 6 7 8 9

Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る