製品 > ArcGIS Spatial Analyst > 活用事例

ArcGIS Spatial Analyst

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

ArcGISとExcelで求める景観指数

九州大学

Arc ViewとExcelで、土地利用パターンを定量化 景観パターンを定量化し、地表の生態系緒過程との相互作用を分析するため、1980年代より様々な景観指数が提唱され、そのいくつかについては動植物の分散、撹乱の伝播や植(詳細はこちら)

新潟市の都市自然災害の研究

新潟大学

足を使ったデータ収集・作成をモットーに!新潟市街地の総合危険度を判定 いつ発生するか分からない自然災害に備えて、GISで総合危険度判定結果をビジュアル化!    新潟平野 空中写真を判読してデジタル化した新潟平野地形分類(詳細はこちら)

GISの活用による持続可能な森林経営への取り組み

住友林業

「保続林業」を基本理念に、GISを活用した効率的な森林経営を長年にわたり実践 100年以上にわたり広大な社有林の森林経営を行ってきた住友林業。長年にわたる経験とGISの融合により、新しい森林管理手法の確立を目指す。 持続(詳細はこちら)

ミナミマグロの行動・回遊をGISとセンサー技術で解明

水産総合研究センター遠洋水産研究所

科学的根拠に基づく漁獲量管理ヘ向けた基礎研究に活用されるGISとセンサー技術 持続可能な漁業資源利用のためには、未だ不明な点が多いマグロの行動・回遊の理解が不可欠である。そのための基礎技術としてセンサー、リモートセンシン(詳細はこちら)

GISによる積雪寒冷地の都市地理学研究

北海道大学

積雪寒冷地の都市における生活環境の時系列的変化や季節差をGISによって分析、都市の時空間構造を解明する 積雪寒冷地では季節によって生活環境が大きく異なる。そのため、経年変化に注目する研究と、季節変化に注目する研究とを統合(詳細はこちら)

自然豊かなまま次の世代に引き継ぐ

福島県鳥獣保護センター

福島県鳥獣保護センターでは、GISによって人と野生動物の共生を図る取組みが行われている。 変通事故や転落事故などによって保護センターに運ばれてくるタヌキやキツネなと、森に住む野生動物たち。傷ついた彼らを治療するだけではな(詳細はこちら)

油流出事故による環境への影響を最小限に 「北海道海岸環境情報図」

北海道立地質研究所

タンカー事故などによる大規模油流出事故。環境に深刻なダメージを与える油汚染の影響を最小限に抑えるためにGISを活用。 北海道立地質研究所によって整備される北海道海岸環境情報図。GISを活用して、汚染された海岸で効率的な油(詳細はこちら)

GISを活用したエコロードのデザイン

福島県いわき建設事務所

国道289号荷路夫バイパスは、GISを活用して野生動物のコリドー(回廊)の設計を行い、自然環境と共存・調和した道づくりを目指した「エコロード」に取り組んでいる。 調査、計画段階から設計、施工、管理の段階まで、自然環境の保(詳細はこちら)

南カリフォルニア大火災のGISによる災害対応

カリフォルニア州

大規模災害時の総合的な災害対応を可能にしたGISをベースとした事前の備え 山林火災の被害抑止のためのタスクフォースと、そのために整備したGISデータベースにより、火災発生直後から災害対応に必要な地図が次々と生産された。時(詳細はこちら)

多田銀銅山 遺跡分布データベース

大手前大学史学研究所

13 世紀から続いた鉱山の遺跡分布をGPS・GIS 技術で解明する 江戸期には、国内有数の幕府直轄鉱山として栄えた多田銀銅山。これまで正確な遺跡の分布状況が把握されていなかった同鉱山において、江戸時代に作成された絵図とG(詳細はこちら)


Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る