製品 > ArcGIS Spatial Analyst > 活用事例

ArcGIS Spatial Analyst

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

旅行者の行動パターンを分析し、よりよい観光案内を提供

首都大学東京 都市環境学部 自然・文化ツーリズム

GISを利用した観光分析 GISを用いて旅行者行動のパターン分析や旅行計画支援システムで観光現象の時空間的分析を行い、より濃密な観光を支援。    概要 首都大学東京 都市環境学部 自然・文化ツーリズムコースは、2010(詳細はこちら)

GISの空間分析機能が生徒の問題解決能力を向上させ地域振興にも寄与する

新潟県立白根高等学校

モバイルGISによる地元商店街の変容の解析 GISをプラットホームとして地域、教育・研究機関との連携を図る 概要 今回、白根高校の有志3名はGISを用いて地元商店街の変容を解析した。かつて中心商店街であった街並みは「シャ(詳細はこちら)

いつでも、どこでも、誰でも使えるGISが実現する業務効率化

ソフトバンクBB

モバイルGISを活用した業務効率化、コスト削減事例 次々と業界の常識を打ち破る革新的なサービスを提供し続けるソフトバンクBB。その舞台裏にはArcGISを活用し尽くした実戦型GISシステムがあった! イントロダクション (詳細はこちら)

太陽エネルギー導入にWebGISを活用

ボストン市

ボストン市が導入状況の見える化と投資家・市民への情報提供を実現 ArcGIS API for Flexを採用し構築された「ソーラーボストン」今後のクリーンエネルギー市場拡大を見据えたボストン市の取り組みとは イントロダク(詳細はこちら)

建設コンサルタント企業における人材育成にGISを活用

ドーコン

技術者の誰もがGISを普通に使いこなすために 総合建設コンサルタントとしてのGISに対する取り組み はじめに ドーコン本社ビル 株式会社ドーコンは、昭和35年の設立以来、北海道を中心に日本国内の社会基盤の整備に広範に関わ(詳細はこちら)

衛星リモートセンシング技術の応用による地下水の起源を探る試み

三菱マテリアルテクノ

多様な手法を駆使した地下水起源の判別と科学的説明 飲料水、酒類、食品の原材料である地下水の起源を明らかにし、「食の安全・安心」、「地下水のブランド化」につなげていきたい 研究の背景 地下水起源解析の流れ キリンホールディ(詳細はこちら)

ウォーカブルシティ つくば

筑波大学大学院

つくば市中心部の歩行環境をGISにより定量的に評価し住民が活用できるWebGISで公開 居住者にとって満足度が高く、実際に歩きたいと思う歩行環境を、「Walkability」という概念で評価。居住者の歩行行動を促進するこ(詳細はこちら)

第5回世界水産会議におけるArcGISトレーニング

第5回世界水産会議

各国の水産・海洋関係者が参加した国際色豊かなArcGISトレーニングコース 世界80カ国以上1500名が参加した第5回世界水産学会議が2008年10月20日から24日の5日聞に渡り横浜で開催された。ArcGISトレーニン(詳細はこちら)

能登半島地震での災害対応における情報マネジメント

輪島市都市整備課

災害対応における情報マネジメントの重要性 実際の災害現場で要求される住民対応。自治体による迅速で正確な対応のために必要とされるツールとは。 震度6強、その瞬間 「震災発生時、車で1時間の距離にある妻の実家の穴水町の海岸を(詳細はこちら)

火災ハザードマップ作成に向け熱帯泥炭地をモニタリング

東京農業大学 生産環境工学科

近年インドネシア カリマンタン島では森林・泥炭火災が多発し、森林面積が減少傾向にある。その要因として、エルニーニョ現象によって降雨量が減少し、地下水位が大幅に低下していることが挙げられる。 本研究では、火災ハザードマップ(詳細はこちら)


Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る