製品 > RemoteView > FAQ

RemoteView

FAQ

表示/非表示

ライセンス

TCP/IP ポート番号は何番を利用すればいいですか。

RemoteView のライセンス管理プログラムは、デフォルトの設定で TCP/IP ポート 27000番を利用します。他のソフトウェアのライセンス管理プログラムで同一ポートを利用している場合は、競合が発生しソフトウェアが起動出来ませんので番号を変更してください。

ノードロック ライセンスに関しては、上記項目はあてはまりません。

どのようなライセンス形態ですか。

RemoteView は、利用するマシンにライセンスが固定される【ノードロック ライセンス】とネットワーク上のマシンにライセンス管理プログラムを動作させておき、ライセンスを利用する際にライセンス管理プログラムへ問い合わせを出して利用する【フローティング ライセンス】から選択することができます。

使用方法

RRDS とはなんですか。

RRDS とは、Reduced Resolution Data Sets の略で、あらかじめ元画像から縮尺を変更したファイルを複数の段階で作成します。これにより縮小表示をした際には、このファイルを読むことで表示が高速化されます。RRDS が作成されていない画像の場合は、1/2 までしか縮小表示することができません。全体表示をする際には、RRDS を作成してください。

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る