製品 > ArcGIS Network Analyst > FAQ

ArcGIS Network Analyst

FAQ

表示/非表示

全般

Network Analyst の教材はありますか?

Network Analyst をご利用いただくために、さまざまな解析を学習できる初心者用チュートリアルを提供しております。対応アプリケーションは ArcMap(バージョン 10.4.1 以上)および ArcGIS Pro(バージョン 2.0.1)です。

【学習内容】

ArcMap 対応版:ルート解析、最寄り施設の検出、到達圏解析、ロケーション-アロケーション解析、配車ルート解析(VRP)

ArcGIS Pro 対応版:ルート解析、最寄り施設の検出、到達圏解析、ロケーション-アロケーション解析

データおよびテキストはこちらからダウンロードが可能です(要サポート ログイン)。

徒歩、バス、電車など複数のルートを組み合わせた解析はできますか?

複合形式の交通ネットワーク モデル
徒歩-バス-電車の複合形式
ネットワークのルート解析

ArcGIS Network Analyst のネットワーク データセットは、徒歩・バス・鉄道などの複数の交通機関を連携するような複雑な接続性を持つネットワーク モデルを構築することができます。 これは、複数の異なる種類の交通機関を繋げる役割を、鉄道の駅やバスの停留所といった乗り換え位置のポイントが担い、このポイントを介して単純なデータセット(鉄道ラインやバス ルート)を渡り継いでいきます。 これにより、現実の交通ネットワークの世界をより正確に表現してモデリングします。

マルチモーダル(複合形式)ネットワークは、公共・民間のどちらの組織や機関においても、交通計画の解析やアクセシビリティ モデリングにご利用いただけます。 
鉄道とバスといった異なる種類の交通を組み合わせる旅行計画のようなエンド ユーザ向けのサービスも簡単に作成することができます。 また、地域の交通局では、乗客がどのように、電車、バス、地下鉄、その他の交通機関を利用するかを明らかにして、交通計画に利用することもできます。

より高度な技術力をお持ちのユーザの方や開発者の方であれば、交通モデルを構築するための効果的なネットワーク データセットとそのマルチモーダル属性を巧みに利用した独自のカスタム解析機能を実装することができます。

ネットワーク データセットは、ネットワーク データの作成、編集、管理のための堅牢なデータ管理構造を提供します。

交通ネットワーク データについて

ArcGIS Network Analyst で使用するデータ

ArcGIS Network Analyst で交通ネットワーク解析を行うには、解析を行うための専用のデータであるネットワーク データセットを準備する必要があります。 ArcGIS Network Analyst には、ネットワーク データセットを作成するための機能がありますが、その基となるデータの入手も必要です。

たとえば、道路ネットワークの解析には道路データが必要です。特に、道路の種別や一方通行等の規制情報も同時に用意することで、より現実的な解析が可能となります。

以下に、道路ネットワークに適した市販のデータの例をご紹介します。各データについては、データ販売会社へお問合せください(五十音順)。

すぐに使用できる道路ネットワーク データセット
ESRIジャパン データコンテンツ ArcGIS Geo Suite 道路網

住友電気工業株式会社の拡張版全国デジタル道路地図データベース(ADF)を加工して開発した全国道路ネットワーク データセットです。 各種設定や所要時間のチューニングも完了済みですので、ArcGIS Network Analyst ですぐにお使いいただけます。

GISMAP for Road(北海道地図株式会社)
ネットワーク データセットを構築して使用できる道路データ
※これらのデータはネットワーク構造を持っており、ArcGIS Network Analyst の解析で使用できるネットワーク データセットを構築することが可能です。ただし、弊社で動作を保障するものではありません。
OpenStreetMap(OSM財団) OpenStreetMap を使ったネットワークデータセットの構築方法は以下のブログをご参考ください。 https://blog.esrij.com/2017/01/27/post-18428/
数値地図25000(空間データ基盤)(国土地理院)
Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る