製品 > ジオデータベース > 格納データ

ジオデータベース

格納データ

ジオデータベースは、ArcGIS で使用可能なすべての GIS データの要素をサポートします。ジオデータベースにデータを格納することによって、空間情報を活用するために、ジオデータベースが持つ強力なデータ管理機能を利用することができます。ArcGIS は、既存のデータをジオデータベースに移行するための、一連の充実したツールを備えています。

ジオデータベースは、シェープファイルと比べ、高機能かつ拡張性に優れたデータモデルです。 ArcGIS Desktop や ArcGIS Enterprise の機能を十分に活用するために設計されています。

ジオデータベースに格納される GIS データ

ジオデータベースは、ArcGIS が使用するすべての要素をサポートします。以下に示すように、ジオデータベースを構成する要素には高機能な GIS を実現するための複数の要素が含まれます。

  • 属性データ
  • ジオグラフィック フィーチャ
  • 衛星画像および航空写真(ラスター データ)
  • CAD データ
  • サーフェス モデルや 3D データ
  • ユーティリティと交通システム
  • GPS 位置情報
  • 測量による計測値

ジオデータベースでは、これらのデータタイプを以下示すデータ オブジェクトとして表わします。

表示/非表示
アノテーション

icon representing annotationArcGIS において個別に選択、位置付け、変更が可能なテキストまたはグラフィックス。アノテーションは、ユーザーが手動で入力するか、ラベルから自動的に生成できます。アノテーションは、ジオデータベースにフィーチャとして格納されるか、データ フレームにマップ アノテーションとして格納されます。
ディメンション

icon representing Dimension地図上で特定の長さや距離を示す特別な種類のジオデータベース アノテーション。ディメンション フィーチャは、建物や土地区画の一辺の長さを示したり、消火栓と建物の角までの距離などのような 2 つのフィーチャ間の距離を示したりする場合に利用します。
フィーチャクラス

icon representing Feature ClassArcGIS において、同じジオメトリ タイプ(ポイント、ライン、ポリゴンなど)、同じ属性、および同じ空間参照を共有するジオグラフィック フィーチャの集合。フィーチャクラスは、ジオデータベース、シェープファイル、カバレッジ、またはその他のデータ形式で格納することができます。フィーチャクラスにより、同種のフィーチャを 1 つの単位にまとめて格納することが可能になります。たとえば、高速道路、幹線道路、一般道路を「roads」という名前のライン フィーチャクラスにまとめることができます。ジオデータベースでは、フィーチャクラスにアノテーションとディメンションを格納することもできます。
フィーチャ データセット

icon representing Feature DatasetArcGIS において、同じ空間参照を持つフィーチャクラスを 1 つにまとめたコレクション。これらのフィーチャクラスは座標系を共有し、それらのフィーチャは共通の地理的範囲に含まれています。さまざまなジオメトリ タイプのフィーチャクラスをフィーチャ データセットに格納することができます。
ジオメトリック ネットワーク

icon representing Geometric Network 公共システムや水文システムといった線形ネットワークを表すエッジ フィーチャとジャンクション フィーチャ。この場合、フィーチャの接続性はそれらの幾何形状の一致に基づきます。ジオメトリック ネットワークには、フィーチャの接続性に関する情報は含まれません。この情報は、論理ネットワークに格納されます。一般に、ジオメトリック ネットワークは有向フロー システムのモデリングに使用されます。
ネットワーク データセット

icon representing Network Datasetトポロジ的に接続されたネットワーク エレメント(エッジ、ジャンクション、ターン)のコレクション。ネットワーク ソースから取得され、通常は道路や地下鉄などの線形ネットワークを表すために使用されます。各ネットワーク エレメントには、ネットワーク属性のコレクションが関連付けられます。一般に、ネットワーク データセットは無向ネットワーク フロー システムのモデリングに使用されます。
ラスター カタログ

icon representing Raster Catalog任意の形式のテーブルで定義されたラスター データセットのコレクション。テーブルのレコードは、ラスター カタログに格納された個々のラスター データセットを定義します。ラスター カタログは、隣接または重複するラスター データセットを表示するために使用できます。それらのラスター データセットを大きな 1 つのファイルにモザイク化する必要はありません。
ラスター データセット

icon representing Raster Database ディスクまたはジオデータベースに格納される ArcGIS のラスター空間データ モデル。ラスター データセットは、TIFF、Imagine、ESRI Grid、MrSid を含め、さまざまな形式で格納することができます。
リレーションシップ クラス

icon representing Relationship Class リレーションシップに関する情報を保存するジオデータベース内のアイテム。リレーションシップ クラスは、ArcCatalog ツリーまたはコンテンツ ビューでアイテムとして表示することができます。
テーブル

icon representing Table行と列に整列された一連のデータ エレメント。各行は 1 つのレコードを表します。各列はレコードのフィールドを表します。行と列が交差した部分はセルとなり、レコードの 1 つのフィールドの値が含まれます。
テレイン

icon representing Terrainz 値を使用して複数解像度サーフェスをモデル化する、フィーチャクラスをデータソースとした、TIN(Triangulated Irregular Network)ベースのデータセットです。
ツールボックス

icon representing Toolboxデータ管理、解析、モデリングの遂行のためのデータフローとワークフロープロセスのコレクションです。
トポロジ

icon representing Topologyジオデータベースにおいて、ポイント、ライン、ポリゴン フィーチャがジオメトリを共有する方法を制限する取り決め。たとえば、道路の中心線と国勢調査ブロックはジオメトリを共有し、隣接する土壌ポリゴンもジオメトリを共有します。トポロジは、データ整合性ルールを定義し、適用します(たとえば、ポリゴン間にギャップがないなど)。トポロジは、トポロジカル リレーションシップの検索とナビゲーション(フィーチャの隣接性や接続性のナビゲーションなど)、高度な編集ツール、および構造化されていないジオメトリからのフィーチャの構築(ラインからのポリゴンの構築など)をサポートします。
Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る