製品 > FEATURE ANALYST > 製品詳細 > 階層的学習機能

FEATURE ANALYST

階層的学習機能

1 回目の抽出結果から正しい結果と間違った結果を学習させたり、サンプルを増やしパターンを学習させ、処理を繰り返すことによって良い結果を導きだします。


main-make-gis-available

抽出領域の正誤学習

一次結果から抽出したいフィーチャの正しい領域と間違っている領域を学習させます。
【手順(例:ヘリコプターを抽出)】
サンプル収集 → 一次処理結果 → 結果の正誤学習 → 処理結果


 
main-feature-analyst

抽出領域の学習

一次結果から抽出しきれていないフィーチャ領域を指定したり、サンプルを追加し、抽出したい領域を学習させます。
【手順(例:河川の抽出)】
サンプル収集 → 一次処理結果 → 結果にサンプルを追加 → 処理レビュー → 処理結果 → 後処理(追加した結果のフィーチャをマージ)


活用法紹介

さまざまな抽出事例をご紹介します。

河川

ソーラーパネル

変化抽出

 

建物

 

■ ArcGISブログ

衛星画像を使って過去からの変化を抽出しよう

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る