製品 > FEATURE ANALYST > 製品詳細 > フィーチャ抽出・分類

FEATURE ANALYST

フィーチャ抽出・分類

FEATURE ANALYST の主な機能であるフィーチャ抽出は、道路、河川、建物、植生、水域などをソースとなる画像の色やスペクトル特性、形状、空間的関連性を用いて抽出を行います。


main-make-gis-available

FEATURE ANALYST は独自のアルゴリズムによる学習モデルで教師付き分類を行います。
FEATURE ANALYST のツールを利用して、抽出したいフィーチャのサンプルを収集し、トレーニング設定を行い分類処理を行います。
処理後の結果が思わしくない場合、階層的学習機能を利用してフィーチャ抽出結果の精度を上げることができます。
処理結果のフィーチャの形状を整えたり、ポリゴンからラインに変換するなど後処理機能で修正することができます。


 
main-make-gis-available

インプット・リプレゼンテーションというカーネルを定義し、空間的情報をフィーチャ抽出に利用します。これにより対象ターゲット及び周辺の情報を分析して対象ターゲットをより的確に抽出しています。 抽出後のフィーチャの形状は、スムージングやポリゴンからポイントへの変換など、後処理ツールを利用して結果を補正することができます。

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る