製品 > ArcGIS Experience Builder(Developer Edition) > 製品詳細 > 新機能

ArcGIS Experience Builder(Developer Edition)

新機能

1.2 1.3

 

1.3

 

2020年12月にアップデートされた ArcGIS Online の ArcGIS Experience Builder で追加された新機能/機能拡張がメインです。

本バージョンでは、サブスクリプション コンテンツを使用するウィジェットでテンプレートを公開する際に、匿名のアクセスが可能になるようにコンテンツを認証できるようになりました。また、スクリーン グループの内容を編集するとき、フローティング パネルを一時的に非表示にして、背後のメイン ステージを表示および編集することができるようになりました。

ウィジェットでは、以下の機能が拡張されています。

  •  マップ ウィジェット – 縮尺記号でメートル法以外の単位がサポートされるようになりました。
  •  調査ウィジェット – 埋め込みデザイナーで編集する調査をプレビューできるようになりました。

 

その他の新機能や機能拡張、仕様変更などの詳細な情報は米国 Esri 社の新機能(英語)をご参照ください。

 

1.2

 

2020年10月にアップデートされた ArcGIS Online の ArcGIS Experience Builderで追加された新機能/機能拡張がメインです。

本バージョンでは、テーブル ウィジェット (ベータ) の追加、スクリーン グループ、3D シーンレイヤーのサポートなど、多くの機能が追加されています。
さらに、Web AppBuilder のカスタム ウィジェットから Experience Builder のカスタム ウィジェットにコードを移行する際のヒントとガイダンスを提供するために「Migrating from Web AppBuilder」のドキュメントが追加されました。

サンプルの追加

React コンポーネントとして関数を使用してウィジェットを作成する方法として以下の 2 つの新しいサンプルが追加されました。

大きな変更

カスタム ウィジェットやテーマをアップグレードする前に、ES モジュールへの切り替えや、jimu-ui, jimu-core, Widget, Data source, Theme のその他の変更を含む大きな変更に注意してください。

 

その他の新機能や機能拡張、仕様変更などの詳細な情報は米国 Esri 社の新機能(英語)をご参照ください。