製品 > ArcGIS Experience Builder(Developer Edition) > 製品詳細 > 新機能

ArcGIS Experience Builder(Developer Edition)

新機能

1.4 1.3 1.2

 

1.4

 

2021年4月にアップデートされた ArcGIS Online の ArcGIS Experience Builder で追加された新機能/機能拡張がメインです。

バージョン 1.4 では、新しいウィジェットやその他の機能強化に加えて、「ウィジェット出力データソース」や「データアクション」という新しい概念が追加されています。これは、ウィジェットの動作や通信方法を拡張するものであり、開発者にとって重要なものです。これらの概念を示すために、いくつかのサンプルが追加されています。また、Developer Edition を Windows サービスとして実行できるようになりました。

ウィジェットの出力データソース

データソースを使用するだけでなく、ウィジェット自身や他のウィジェットが使用するデータソースを生成できるようになりました。ウィジェットの出力データソースには、クライアントサイドとサーバーサイドの 2 種類があります。前者はブラウザのメモリに格納され、後者はリモートサーバーに格納されます。 以下の例の List ウィジェットは、サンプルの「Client-side Output Data Source」から出力データを消費しています。

 

 

また、List ウィジェットを使って、「Server-side output data source」 のサンプルを操作することもできます。すぐに使えるウィジェットとしては、Query と Chart が出力データソースを生成します。

さらに、ウィジェットは独自の出力データソースを使用することができます。例えば、以下の「Statistics with output data source」のサンプルのように、統計情報を計算することができます。

 

 

データアクション

データ アクションは、CSV へのエクスポート、ズーム、テーブルでの表示など、データ レコードの集まりを処理する方法を提供します。これは、ArcGIS Web AppBuilder のフィーチャ アクションと同じ概念です。メッセージによってトリガーされたアクションが自動的に実行されるのとは異なり、データ アクションはエンド ユーザーのクリックを必要とします。次の「Show a record id」のサンプルでは、フィーチャ情報ウィジェットにデータ アクションを提供し、レコード ID を表示しています。

 

 

Windows サービスとしての実行

ArcGIS Experience Builder (Developer Edition) は、Windows サービスとして実行することができるようになりました。これは「npm run install-windows-service」コマンドを使用して行うことができます。詳細は「Installed as a Windows Service」を参照してください。

 

その他の新機能や機能拡張、仕様変更などの詳細な情報は米国 Esri 社の新機能(英語)をご参照ください。

 

1.3

 

2020年12月にアップデートされた ArcGIS Online の ArcGIS Experience Builder で追加された新機能/機能拡張がメインです。

本バージョンでは、サブスクリプション コンテンツを使用するウィジェットでテンプレートを公開する際に、匿名のアクセスが可能になるようにコンテンツを認証できるようになりました。また、スクリーン グループの内容を編集するとき、フローティング パネルを一時的に非表示にして、背後のメイン ステージを表示および編集することができるようになりました。

ウィジェットでは、以下の機能が拡張されています。

  •  マップ ウィジェット – 縮尺記号でメートル法以外の単位がサポートされるようになりました。
  •  調査ウィジェット – 埋め込みデザイナーで編集する調査をプレビューできるようになりました。

 

その他の新機能や機能拡張、仕様変更などの詳細な情報は米国 Esri 社の新機能(英語)をご参照ください。

 

1.2

 

2020年10月にアップデートされた ArcGIS Online の ArcGIS Experience Builderで追加された新機能/機能拡張がメインです。

本バージョンでは、テーブル ウィジェット (ベータ) の追加、スクリーン グループ、3D シーンレイヤーのサポートなど、多くの機能が追加されています。
さらに、Web AppBuilder のカスタム ウィジェットから Experience Builder のカスタム ウィジェットにコードを移行する際のヒントとガイダンスを提供するために「Migrating from Web AppBuilder」のドキュメントが追加されました。

サンプルの追加

React コンポーネントとして関数を使用してウィジェットを作成する方法として以下の 2 つの新しいサンプルが追加されました。

大きな変更

カスタム ウィジェットやテーマをアップグレードする前に、ES モジュールへの切り替えや、jimu-ui, jimu-core, Widget, Data source, Theme のその他の変更を含む大きな変更に注意してください。

 

その他の新機能や機能拡張、仕様変更などの詳細な情報は米国 Esri 社の新機能(英語)をご参照ください。