製品 > Esri Maps for MicroStrategy > 製品詳細 > マッピング機能

Esri Maps for MicroStrategy

マッピング機能

← 製品詳細ページへ

MicroStrategy のデータはもちろん、 ArcGIS Online および Portal for ArcGIS のコンテンツを、ArcGIS の豊富な表現力でマップに可視化して利用することができます。

details-mapping-style

さまざまな表現方法

さまざまな表現方法(スタイル)でデータをマップに可視化することができます。豊富なシンボル画像に加え、データの属性値(列値)に従いシンボルの色やサイズを変化させたり、点のデータの分布を効果的に示すヒートマップや周辺のデータを集約して表示するクラスタリングといったスタイルなど、データの目的に合ったスタイルを適用することができます。


polygons_polylines

ポリゴンやラインの可視化

ArcGIS Online や Portal for ArcGIS のコンテンツを組み合わせることによって、MicroStrategy 上のデータを点だけでなく、面(ポリゴン)や線(ライン)として可視化することができます。たとえば、地域別の集計(都道府県、市区町村など)や移動の軌跡などを表現することができ、またデータの属性値に基づいたスタイルも適用することができます。


複数スタイルの適用

複数のスタイルを設定

Esri Maps for MicroStrategy では各レイヤーに対して、複数のスタイルを設定することができます。データの属性はひとつであることはほとんどなく、いくつか属性で構成されます。それぞれの属性において適切なシンボルを設定することで、レポート利用者は設定されたスタイルから自由にスタイルを切り替えることができるため、効率的にデータをマップ上で俯瞰することができます。(画像をクリック)


Location Architect

Location Architect

Esri Maps for MicroStrategy では、別途 MicroStrategy 上で位置情報を定義する機能 「Location Architect」 を提供します。これにより、レポートにおけるマッピングを高速化し、階層が定義されたアトリビュートに対して位置情報を定義することで、レポート上でのドリルダウン、アップに対応することができます。(画像をクリック)

Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る