製品 > Esri CityEngine > 新機能 > CityEngine 2017.0

Esri CityEngine

CityEngine 2017.0

主な新機能

シナリオベースのプランニングとカスタマイズ可能なダッシュボード

CityEngine 2017.0 では、新たにシナリオの概念を導入しました。シナリオを使用すると、シーン内で複数のデザイン プランを作成でき、サイドバイサイド ウィンドウビューでのシナリオの比較および編集が可能です。新しいカスタマイズ可能なダッシュボードもシナリオを意識しており、複数のシナリオのレポートを同時に表示できます。これにより、設計時にデザインのパフォーマンスをリアルタイムで相互に分析することができます。これらの直感的なプランニング機能を使用することで、従来複雑だったデザイン ワークフローがよりシンプルになります。

シナリオ

プロシージャル モデル用のローカル編集ツール

プロシージャル モデリングの大きな課題の1つが解決しました。プロシージャル モデルに局所的な編集を適用できるようになりました。ローカル編集ツールを使用すると、プロシージャル モデル全体に​​影響を与えることなく、窓のサイズの変更、バルコニーの追加、フロアごとの使用タイプの変更など、プロシージャル モデルの中の特定の構造の形状等を変更することができます。

ローカル編集

計測ツール

新しい直感的な対話型ツールを使用して、距離、高さ、面積、パスを測定します。計測ツールには、「レーザーライン」が含まれています。たとえば、ある建物について、シーン内の他のすべてのオブジェクトに対する相対的な高さを表示することができます。

計測ツール

ユーザー インターフェイスの刷新

CityEngine 2017.0 では、グラフィカル ユーザー インターフェイスを刷新し、新鮮でモダンな外観と使いやすさを向上しました。また、CityEngine 2017.0 では、高解像度でより大きい UI 要素とフォントを可能にする高 DPI ディスプレイのサポートを向上しました。

新しいUI

近接性の検出(CGA)

シェープスクリプト言語である CGA には、シェープの近傍をチェックして高度なオクルージョンクエリを作成することができる context オペレーションが搭載されました。たとえば、新しい label オペレーションと一緒に使用すると、シェープにタグを付け、ルールを使用して対象のジオメトリが以前にラベル付けされたシェープと重なっているかどうかを確認したり、最寄りのラベルまでの距離を計算したりすることができます。

近傍のチェック

インポートおよびエクスポート機能の改善

CityEngine 2017.0 は、いくつかの 3D 形式のインポートおよびエクスポート サポートを強化しています。たとえば、FBX は単位情報をサポートしました。Collada は、複数の UV セットと書式方言のサポートを強化しています。KML は複数のモデルを SketchUp にエクスポートできるようになりました。RenderMan は環境変数をサポートしました。SLPK についてもいくつかの問題が修正されています。

また、KML と Collada の入出力が Basic から可能になり、同時に File GeoDatabase マルチパッチへの出力は Advanced に変更になりました。

 

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る