製品 > ArcGIS Drone2Map > FAQ

ArcGIS Drone2Map

FAQ

表示/非表示

全般

ArcGIS Drone2Map はどのようなアプリケーションですか?

ArcGIS Drone2Map は、ドローンで撮影された静止画像から 2D および 3D で地物やエリアのマップを作成することができるデスクトップアプリケーションです。

ArcGIS Drone2Map はスケーラブルなアプリケーションですか?

はい。ArcGIS Drone2Map は 64 ビット マルチスレッド対応のアプリケーションであり、マルチコアや高性能なグラフィックチップを活用することができます。詳細については動作環境ページをご覧ください。

ArcGIS Drone2Map はオフライン環境でも動作しますか?

はい。ArcGIS Drone2Map には [オフラインで操作するための Drone2Map の認証] というオプションがあり、この機能を有効にすると、オフライン環境でも利用することが出来ます。

ArcGIS Drone2Map では画像解析を行うことができますか?

ArcGIS Drone2Map では、NDVI や DSM、DTM を作成することができますが、ArcGIS Desktop があれば、データの可視化やより高度な解析を行うことが可能です。

ArcGIS Drone2Map は特定のタイプのドローンにのみ対応しているのでしょうか?

ArcGIS Drone2Map は、すべてのドローンに汎用的に対応できるように設計されています。解析を行う上で重要なのは、ドローンが特定のタイプのメタデータを収集していることです。最低限、このメタデータが緯度、経度、高度を含んでいる必要があります。加えて、機体の姿勢、焦点距離、センサーのピクセルサイズのデータがあれば、結果が大きく改善されることになります。多くの商用ドローンはこの機能を有しており、自動的にこれらの情報を画像のメタデータに追加することができます。

ArcGIS Drone2Map のトライアル版はありますか?

はい。無料のトライアル版をお試しいただけます。以下の Web ページからお申し込みください。 ArcGIS Drone2Map 製品ページ

ArcGIS Drone2Map は ArcGIS Desktop のエクステンションですか?

ArcGIS Drone2Map はエクステンションではありません。スタンドアロンの 64 ビット Windows デスクトップ アプリケーションで、ArcMap や ArcGIS Pro と並列的に利用します。

ArcGIS Drone2Map は動画に対応していますか?

いいえ。ArcGIS Drone2Map で扱えるのは静止画像のみです。動画には対応していません。

ArcGIS Drone2Map は特定のタイプのカメラにのみ対応しているのでしょうか?

いいえ。ArcGIS Drone2Map は、汎用的なデジタルカメラで撮影した写真であれば、ArcGIS Drone2Map に取り込んで利用することが出来ます。ただし、位置情報として、画像ファイルに Exif(Exchangeable Image File Format)として格納されたジオタグ情報か外部の GPS ファイルが必要です。

ライセンス

1 つの指定ユーザー ライセンスで ArcGIS Drone2Map を複数マシンに入れて使用することはできますか?

複数台にインストールすることができますが、同時に利用できるのは 1 台のコンピューターのみです。

ArcGIS Drone2Map の利用形態を教えてください。

ArcGIS Drone2Map を 1 つ購入いただきますと、ArcGIS Online の 1 ユーザー(Creator 以上のユーザータイプ) に対して割り当てて利用することができます。 また、ArcGIS Desktop のライセンスをお持ちで、ArcGIS Online の利用登録がお済みの方は、登録されたユーザーに割り当ることができます。

まだ ArcGIS Online をご利用いただいたことが無い場合は、別途 ArcGIS Online の組織向けプランをご購入いただくか、ArcGIS Desktop をお持ちの方は、ArcGIS Online (ArcGIS Desktop ユーザー向け) の利用登録を行っていただく必要があります。

ArcGIS Drone2Map を利用するために必要な ArcGIS Online のユーザータイプ

GIS Professional
Creator (以前のレベル 2)
ArcGIS Desktop ユーザー向け (Creator タイプ)
ArcGIS Drone2Map は Portal for ArcGIS 環境で利用できますか?

ArcGIS 10.5 より Portal for ArcGIS によるライセンス管理が可能です。Portal for ArcGIS のバージョン対応は、ポータル接続の管理ページ(英語)でご確認ください。

機能

ArcGIS Drone2Map で生成したプロダクトを ArcGIS Online または Protal for ArcGIS で共有できますか?

ArcGIS Drone2Map で作成したオルソモザイク、DSM、DTM、3D メッシュ、点群などを ArcGIS Online または Portal for ArcGIS で共有することができます。
詳しくは 処理結果の共有 ページをご参照ください。

ArcGIS Drone2Map で 3D 点群データを使って高さの計測ができますか?

ArcGIS Drone2Map で 3D 点群データを表示することはできますが、高さを計測する機能はありません。2D ビューアにて長さや面積、体積を計測することはできます。3 次元による 3D 点群データを用いた高さ計測を行いたい場合は、ArcGIS Pro 等の ArcGIS Desktop または ArcGIS Online をご利用ください。

ArcGIS Drone2Map で対応している入力画像フォーマットは何ですか?

ArcGIS Drone2Map に入力できる画像データは、 モノクロまたはマルチバンドの JPEG ファイル(拡張子が .jpg または .jpeg のファイル)あるいは TIFF ファイル(拡張子が .tif または .tiff のファイル)になります 。また、55 MP を超えるデータは利用できません。

ArcGIS Drone2Map で位置情報を持たない画像も処理できますか?

いいえ、できません。位置情報を持たない画像を処理するには、位置情報を含む外部のデータが必要になります 。

ArcGIS Drone2Mapで生成される SLPK ファイルとは何ですか?

ArcGIS Drone2Map は、Esri 標準の 3D 形式であるシーン レイヤー  パッケージ (*.slpk) と呼ばれるファイルを作成することができます。このファイルは ArcGIS Earth 等 3D 対応の ArcGIS アプリケーションで利用することができます。これはタイル パッケージ(*.tpk)と似たような機能です。また、ArcGIS Online にアップロードすることでシーン サービスとして配信することもできます。

ArcGIS Drone2Map は、NDVI 等の特殊な解析画像データを作成できますか?

はい。Drone2Map ではマルチスペクトル カメラをサポートしており、撮影された画像に近赤外等の情報が含まれている場合、オルソモザイクを作成後に NDVI や SAVI 等の指数画像を作成することができます。(各種指数画像を保存するにはラスターのエクスポートが必要です。)

クレジット

ArcGIS Drone2Map を利用するとサービス クレジットはどのようなことに、どの程度消費されますか?

ArcGIS Drone2Map を利用する上で、サービス クレジットが消費されるのは、ArcGIS Drone2Map から 2D データを共有する際のタイル生成時と ArcGIS Online  上に共有したデータのストレージに対してです。

消費量はデータ量に依存いたします。詳しくは、クレジットの詳細ページをご参照ください。

動作環境

ArcGIS Drone2Map で処理できる画像の数に制限はありますか?

はい。ご利用されるマシンのハードウェア要件に応じて ArcGIS Drone2Map で処理できる画像の数が異なります。詳しくは、ArcGIS Drone2Map 動作環境をご確認下さい。

製品仕様

Drone2Map は日本語版はありますか?

はい、バージョン 2.0 より日本語版をご利用いただけます。

トレーニング サービスについて

ArcGIS Drone2Map のトレーニングはありますか?

いいえ、ArcGIS Drone2Map のトレーニングはご用意しておりません。初めてご利用になられる方は、クイック スタートガイド(日本語版)をご活用ください(ダウンロードするには Esri 製品サポートページへのログインが必要です )。

Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る